人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【日本よ】石原慎太郎

ベトナムの可能性   平成16年12月06日(月) 産経新聞

 久しぶりに訪れたベトナムで歴史はうねりながら進んでいくという強い実感を味わわされた。

 初めてのベトナム行きは今からもう四十年も前、ベトナム戦争も末期にさしかかっていたころのことで、クリスマス休戦という歴史にあまり例を見ない、戦争にあるまじきなれ合いの出来事の取材をある新聞社から頼まれ、前線には絶対にいかないという約束で出向いた。しかし現地に行ってみれば物書きの好奇心はやみがたく、約束は無視して休戦後の前線まで出かけて行った。

 揚げ句に風邪をひき、アミーバー赤痢にかかり、知らぬ間に戦場につきものの肝炎にまで感染してしまい潜伏を知らずに戻った日本で発病し、生まれて初めての大病で半年謹慎させられた。その間ベトナムで得た、アメリカはこの戦に遠からず敗れて兵を退き、ベトナムは必ず共産化されるだろう、という確信をさらに演繹(えんえき)しての祖国日本への危機感の揚げ句、出かける前には思いもよらなかった政治参加への決心をするにいたった。つまり、もし私があの時ベトナムに出かけなければ、私は決して政治家になってはいなかったろう。

 私の予感は的中したが、その後ベトナムは中国のトウ小平が一国二体制をいい出す前に、ドイモイなる一種の自由化による合理化路線を進みだした。

 二度目のベトナム行きは一種のセンチメンタル・ジャーニーで、香港から家内と豪華客船に乗り、かつて空恐ろしい思いをさせられたダナンから、結果は観光どころか命懸けで往復した古都のフエを訪れ、さらにメコン河をサイゴンまで遡(さかのぼ)っての旅だった。

 その折の英語を話す案内人は、戦争中私が多く出会ったサイゴンの極めて水準高くシニックなインテリたちの一人で、共産党に入党すれば自分はこの教養を買われてもっといい職につけるだろうが、共産主義は絶対に嫌だからといっていたものだった。

 そして今回、東京都が提唱し創設された「アジア主要都市会議」の後、幾つかの案件について請われてハノイを訪れた。

 そこで得た印象は、先の二度の訪問の折に強く感じられたシニスムにも通じるベトナム人の知的水準の高さが、今は極めてポジティブに生かされているということだった。

 もともと東南アジアにおいて、ベトナム人の知的水準と勤勉さは相対的に極めて高くそれを明かす事例にはこと欠かない。大体この国は滅多に戦争に負けたことがない。アメリカにもトウ小平時代の対中国戦争にも負けることがなかったし、かつて三国志時代、知将諸葛孔明が一番手を焼いた相手も彼らだった。

 ハノイ郊外に設けられた広大な経済特区での日本企業の成功は、彼らの秀でた民族的能力を明かしていると思う。極めて印象的だったのはキヤノンのカラー・プリンターの製造工場で、重要部分のモジュールを組み立てる工程のある部署で、ベトナムの特産の竹を巧みに組み立てたパーツの運搬台が活用されていて、それに乗せた仕切りのある大きな皿状の容器を、これも竹を利用した仕組みを足で回転させ必要な部品を拾い上げ組み込んでいく。聞けばこれはすべて現場で働く若い女性の従業員の工夫によるものだそうで、他所でならば金属で作られる装置だが、彼らの工夫だとコストも十分の一ですんだという。

 それを聞いて私が思い出したのは、かつてNECの熊本工場が新しい半導体の製造を始めた折、なぜか他の工場に比べて欠陥品が多い。全社員が悩んで点検を密にし、工夫をこらしてもどうしてもよい結果が出ない。

 しかしある日、遅番で来た中卒の女子従業員が正門前を走る鹿児島本線の軌道を長い貨物列車が通過するのに出くわし、踏切で止まって待つ間、足下を揺るがす震動に驚いて工場内では人間には感じられなくとも、精密な機械にはこの震動が悪い影響を与えるのではないかとふと思い、高卒の上司の班長に打ち明け、驚いた班長はさっそくそれを工場長に取り次いだら工場長が飛び上がって驚き、即座に決断して工場の周囲に深い堀を造りそれに水を張って始業しなおしたら、欠陥品が完全に止まったという見事な挿話だった。

 ちなみに現場で技術を教えている日本人幹部に聞くと、東南アジアのあちこちで技術指導してきたが、この国の若者たちが一番のみ込みが早く教えがいがあると。現地の大使もいっていたが、この国では、市中でろくな履物を履かずに物を売っているような貧しい家の子供でもよく本を手にして読んでいるという。これは民族としての優れたDNAの証しであって、日本もただのばらまきではなしに相手を選んでの経済、技術の協力を心掛けるべきに違いない。

 隣のタイなどは中国の粗悪な経済成長に気をとられ日本をないがしろにし出しているが、相手の資質を見込んでの集中的協力がいかに画期的な飛躍をもたらし得るかというモデル・ビルディングを、ベトナムに本腰を入れていってみせることで今後の日本の新しい指針への示唆が有り得よう。

 さらに彼らの意欲と器用さと工夫の妙を見込んで、最近後継者にこと欠きだした、優れた技術を持つ日本の中小企業を有利な条件下に丸ごとかの地に移し、大企業にはない特殊技術者をベトナムで育てる算段も有効と思われる。

 アメリカの宇宙船や、新しい試作ミサイルの先端部分は日本の限られた職人のヘラ絞りの技術なくして出来はしない。世界の覇者のつもりでいるアメリカの最先端の宇宙船の頭部を、かつての敵国のベトナムが作ってみせるといった光景は歴史的にも味のあるものに違いない。





※現在米国に住む人から、米国に住む外国人の中でベトナムの子供たちの学校の成績は、常にトップクラスだと聞いた事があった。その時は少し驚いたが、その後の情報では他の分野でも成長が著しいようだ。やはり今後のアジアの流れは、東南アジアに移行していくものと思われる。その中にあって日本は、あいも変わらず 「シャネル銀座ビルがオープン、限定商品に長蛇の列」という。今の日本の危機を知るとそんなことはどうでも良くなるはずだが。 
by sakura4987 | 2006-06-21 16:45

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987