人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆男女平等思想が世界を滅ぼす


◆男女平等思想が世界を滅ぼす_e0006194_452135.gif


 男と女の差の消失が、セックスレスを招く。

 ジェンダーとは、社会的な性のことを意味する。人間自身の性をセックスと言い、社会的な性をジェンダーと呼ぶ。

 男女共同参画社会の号令の下に、ジェンダーによる差別をなくそうとする「ジェンダーフリー」の運動が、一部では支持されているし、ジェンダーフリー教育も行われているが、このジェンダーフリーという思想には、大きな問題がある。

<セックスレスを招く>

 1999年にNHKが行った性に関する全国調査で、セックスレスについての分析が行われた。統計データは、セックスレスの要因の一つが「男女差の消失」にあることを示している。

 データによると、セックスレスの方が、男女間の性の態度が一致している。非セックスレス(ふつうにセックスする)人たちの方は、男女間での性の態度のズレが大きい。

 つまり、男性と女性という伝統的であった性差が自明でなくなったときに、その間で営まれていた行為もまた行われなくなったのではないか

(『データブック NHK日本人の性行動・性意識』NHK出版)

 男も女も、同じように考えて同じような態度をとっていたら、あまりセックスをしなくなるのではないか。意識・態度にズレがあるからこそ、我々はそのギャップを楽しんでいるのではないだろうか。

 NHKは、「ジェンダー差の消失がセックスレスを招いているという可能性も指摘されることとなった」と報告している。

 仮に男女の差がなくなったとしたら、いったい何を求めればよいのだろう? 何も求めなくなってしまったら、子供を産めず、世界は滅んでしまう。だからこそ、男女には差が必要なのだ。男と女をはっきりと区別することが世界で最も重要な事なのだ。

 男と女の差の消失が、セックスレスを招く。

 この「男女共同参画社会」や「ジェンダーフリー」 の考えは、必ずや我が国を滅びに至らしめる癌となるでしょう。早急に摘出しなければならないのですが、論理的に考えることが出来ない官僚のおかげで、ますます猛威を振るっています。

 勇気を持ってこの流れを撃破するよう、共に頑張って参りましょう!!
by sakura4987 | 2006-06-22 04:52

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987