★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆竹島の日 島根から全国に広げよう

平成17年2月26日(土) 産経新聞

 竹島を島根県の一部とした県告示から100年を迎え、その告示日の2月22日を「竹島の日」とする条例案が県議会に提出された。現在、竹島は韓国に不法占拠されているが、それが日本固有の領土であることを国民が忘れないための有意義な提案である。

 条例制定の動きに合わせ、島根県は今月初めから、竹島の領有権を訴えるテレビコマーシャルを放映している。これに対し、島根県と姉妹提携している韓国の慶尚北道が同県との交流中断を発表したが、韓国側の抗議に影響されることなく、冷静に県議会の審議を進めてほしい。

 領土は日本が譲れない国家主権にかかわる問題である。政府もこの島根県の取り組みをできる限り支援すべきだ。最近まで外務省のホームページには竹島の領有権について日韓双方の主張が並列的に記述され、どこの国のホームページか分からない内容だった。国会での指摘で改められたが、外務省はもっと主権意識を持つべきだ。

 竹島は島根県隠岐島の北西約157キロに位置し、2島(東島と西島)と数10の岩礁から成る。総面積は0・23平方キロで、東京ドームの約5倍だ。付近はアワビ、サザエなど海産物の宝庫である。

 島根県職員の故田村清三郎氏の著書『島根県竹島の新研究』によれば、竹島は江戸時代には「松島」と呼ばれ、その西方にある鬱陵(うつりょう)島が「竹島」と呼ばれていた。当時、「松島(現在の竹島)」は日本側から「竹島(現在の鬱陵島)」へ渡る中継基地などに利用されていたことが多くの文献に記録されている。こうした歴史的な実効支配に加え、明治38(1905)年の閣議決定と島根県告示により、日本は公式に領有意思を表明している。

 戦後、独立した韓国の李承晩政権が一方的に「李ライン」を設定し、竹島を韓国領に含めてしまったが、竹島は歴史的にも法的にも、まぎれもない日本の領土なのである。

 今年は日韓国交正常化から40年を迎え、「日韓友情年」でもある。両国で、さまざまな文化交流の行事が予定されている。友情を深めることは大切だが、それと領土問題は別である。竹島の領有権確認運動が島根県から全国に広がることを期待したい。


◆◆◆ 日本大使が妄言?  平成17年2月26日(土) 産経新聞 ◆◆◆

 日韓が領有権を争っている日本海の竹島は韓国では「独島」といっている。水も出ない岩山だけの無人島だったが1950年代以来、韓国側が重武装の警備隊を常駐させ、ヘリポートやレーダー基地、埠頭(ふとう)などを設け実力で支配してきた。

 観光船で鬱陵島に行く途中、沖合から島をながめたことがあるが、そうした施設のため島は傷つき痛々しかった。韓国国民の日本向け愛国心-民族主義の象徴という役割を無理やり演じさせられている感じだ。

 そして韓国人たちは「日本がいつかは奪いにやってくる」と思い込み、何かあると「オレたちのモノなんだぞ!」と叫んでいる。韓国での“日韓戦争”をネタにした大衆小説のほとんどは「自衛隊の独島侵攻!」から始まる。

 最近、高野紀元・駐韓日本大使がソウル外信記者クラブで質問に答え「竹島は日本の領土」と日本の従来の立場を説明したところ、韓国マスコミや民族団体に「妄言」と非難され大使館にはデモが押しかけている。日本大使が日本の立場を語ることもイカンというのだ。

 筆者もタクシーの運転手に問われ「国際司法裁判所で判断してもらおうという日本の提案に韓国は反対している」と言ったところ「初耳だ」と驚いていた。「妄言」だから「問答無用」である。韓国では非難が先立ち相手の言い分など客観的な情報は与えられない。(黒田勝弘)




※多言は要すまい。日本政府が、もっとキャンペーンを張ればいいだけだ。お金はその様に使うのであって、どこに消えたか分からないような使い方はするなと、またまた罵倒したくなる。

こんな国と「日韓友情年」??? 誰が??? で、何とか言っては、またお金を使っているのだろう。 誰がこんな国と仲良くなろうと思うか。

とにかく、外務省も政治家も政府も、何やってんだ???自分の時に問題が起きない事を、朝起きたらまず祈っているのではないか?で、役所に着いたら、朝礼の初めに、皆でお祈りでもしているんではないか???

以前はその道のプロのような役人が多数いたそうだが、今は非常に少なくなったと聞く。そのために外部にいろいろと丸投げをするしかなくなっているそうだ。勉強不足のためだろう。

公務員の試験は、公務員になるためのものであって、公務員になってからの勉強が本当の勝負だということが、どこかに置き忘れられている。そもそも、キャリア組みなどなぜなくさないのか???

小泉総理は、改革、改革と言っているが、肝心要のことは何もやっていないではないか。枝と幹が分からない人は、さっさと辞めてもらいたい。
[PR]
by sakura4987 | 2006-06-23 14:09

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987