★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆韓国で売春取締法改正 


平成16年9月23日(木)産経新聞

日本人観光客摘発が続出? 心配する日本政府関係者   春男性も処罰対象に

 韓国で売春などを取り締まる法律が改正され、23日から施行される。これまでは売春する女性側だけが摘発対象だったが、法改正では買春した男性にも罰金や懲役が科されることになる。在ソウルの日本政府関係者は「日本人の男性観光客の摘発が相次ぐ事態だけは避けたいが…」と懸念している。(ソウル 加藤達也)

 改正されたのは「性売買斡旋(あっせん)等の行為処罰に関する特別法」。

 韓国では売春街で火災が発生した際、“商売中”に部屋にとどめられていた売春婦が脱出できず、焼死した事件をきっかけに、売春は人身売買と同等の人権問題との認識が強まり、改正された。買春者側も一年以下の懲役または三百万ウォン(約三十万円)以下の罰金を科される。

 韓国警察当局によると、同国内の大規模な売春街は、ソウルだけでも通称「588(オパルパル)」といわれる清涼里や弥阿里、永登浦、龍山、千戸などにあり、計約五百店舗に売春婦約千五百人が働いているという。

 これらの地域では、五メートルほどの路地の両側の店の窓から派手な化粧と衣装を身に着けた女性が客を引く姿が見られるが、中には片言の日本語で「オニイサン、オニイサン」と日本人相手に営業する女性も多いという。

 ソウルの警察関係者は「改正法の実施に合わせて売春街を一掃する摘発強化月間が始まるため表面上、廃業した店舗も多いが、闇に回って、売春を続ける経営者や売春婦は残るはず」と話す。

 実数は把握できないが、売春街の客の中には相当数の日本人男性が含まれており、在ソウルの日本政府関係者は「買春側が厳罰処分されるようになったことを知らずに買春し、摘発される日本人男性が相次ぐのではないか」と懸念する。

 韓国では事件の容疑者が警察に逮捕された場合、署内を連行する容疑者への取材を認めており、警察関係者は「改正法の摘発第一号が日本人だった場合、大きく報道される可能性がある」と指摘している。




※店と警察が組んで、日本人を狙い撃ちにするかもしれない。捕まるとテレビに出るので、絶対に近寄らないこと。あと、部屋に来た場合でも追い返すこと。警察とつるんで、その後に逮捕される場合もある。へたすると脅されて韓国の手先で動くことにもなりかねない。中国では民間人に対しても、そのような策略をやる。これでやられたのが、政治家や中国にごまをする企業家。つい先日もごまを摺った社長がいたが。 
[PR]
by sakura4987 | 2006-06-23 14:20

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987