★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆ウクライナ 中止に追い込まれたNATOとの軍事演習 (世界日報 06/6/28)


親ロ派勢力が連日の抗議運動

 ウクライナのクリミア半島で、同国が実施を予定していた北大西洋条約機構(NATO)との合同軍事演習「シーブリーズ2006」が、地域住民の連日の大規模抗議運動で中止に追い込まれた。

 親ロ派勢力が行った抗議運動を背後で支援したのはロシアとみられ、ウクライナのユーシェンコ政権の弱体化に乗じて、同国の東西分裂の動きを加速させる構えだ。


 ●≪ユーシェンコ政権揺さぶるロシア≫

 黒海に面した風光明媚(めいび)なクリミア半島。

 ソ連時代にフルシチョフ書記長が帰属をロシアからウクライナに変更した同地には、クリミア・タタール人など親ロ派の住民が多い。

 このクリミア半島のフェオドシヤ港に先月二十七日、ウクライナ・NATOの合同軍事演習「シーブリーズ2006」実施のための武器・資材を積んだ米軍の輸送船が入港した。

 米軍は荷揚げした武器・資材を同港から約二十五キロ離れた演習地区に移動する手はずだったが、演習に反対する住民が港を取り囲み、不可能となった。

 また、フェオドシヤだけでなく、ウクライナ東部、南部の主要都市でも、大規模な抗議運動が展開された。

 ユーシェンコ政権はNATO加盟方針を打ち出しており、「シーブリーズ2006」実施も昨年の段階で決定されていた。

 しかし、世論調査によると国民の約70%はNATO加盟に反対であり、特にロシア系住民が多い東部、南部では、反対は90%に達する。親欧米派と親ロ派が拮抗(きっこう)するウクライナ最高会議は「国内への他国の軍部隊受け入れ」で結論を出せず、結局、合同軍事演習は中止に追い込まれた。

 武器・資材の撤収のために十九日、米海兵隊員三十五人がフェオドシヤ入りし、輸送艦は二十四日に帰途に就く予定だ。

 駐ウクライナ・米大使館は「一部の住人が政治的理由のために、演習の実施を妨害したことは遺憾である」との声明を出した。

 また、ウクライナ空軍が十四日から予定していた英空軍との合同演習も延期の末、二十日から英空軍抜きで開始された。

 が、注目すべきことは、黒海で行われるNATOとウクライナの合同軍事演習は、これが初めてではないということだ。

 一九九七年に米、ウクライナなど六カ国の海軍が合同演習「シーブリーズ97」を行い、その後も黒海で合同演習が繰り返されてきたが、このような抗議運動は起こらなかった。

 今回は陸上演習を含むという違いはあるものの、それだけがこの大規模抗議運動を引き起こしたと考えるのは早計だろう。

 各地の抗議集会では、親ロ派ヤヌコビッチ元首相の「地域党」の青と黄色の旗、共産党の赤い旗が立ち並ぶ一方、同じく半数がNATOに反対しているはずのオレンジ革命派各党の旗は見えない。

 反NATO、反米のプラカードに交じり、見え隠れするのはユーシェンコ大統領退陣要求のプラカードである。

 三月の最高会議選挙で辛うじて過半数を制したオレンジ革命派三党は、連立政権のポスト配分で対立し三カ月もの間結論が出せず、やっと二十二日に正式発足させた。

 オレンジ革命が失速し、支持者の間に失望感が広がる中、地域党などが「NATO反対」を利用して勢力拡大に進む構図が見て取れる。

 さらに、この騒ぎの中で、ロシアのジリノフスキー自由民主党党首などロシア下院の有力議員が次々と現地入りして抗議運動をあおり、ウクライナ政府から入国禁止措置を受けた。

 ロシアの民族派のバブーリン下院議員は抗議運動のさなか、フルシチョフ書記長によるクリミア半島の帰属変更は法的に無効であるとして、クリミア住民にロシアへの帰属運動を進めるよう呼び掛けた。

 ロシアのイズベスチヤ紙がこのほど、ロシアとウクライナの住民を対象に行った世論調査では、31%が「ウクライナは今後、一層のロシア離れを進める」と回答する一方、38%は「ウクライナは西部と、東・南部に分裂する」との見方を示した。

 また、13%は「新しい“革命”が起こり、親ロ政権が発足する」と述べている。この調査からも、ウクライナの「東西分立」の動きが深刻さを増していることが読み取れる。

 ウクライナは五月に、親米四カ国と「GUAM民主・経済発展機構」を発足させるなど、ロシアとの対立を深めつつある。

 クレムリンはウクライナに対し、天然ガス紛争に示されるエネルギー供給を通じた圧力に加え、親欧米のウクライナ西部住民と、親ロの東部・南部住民の対立をあおり「東西分裂」の動きを加速させることでユーシェンコ政権を揺さぶる構えである。
[PR]
by sakura4987 | 2006-06-29 08:52

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987