★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆青蔵鉄道を延伸、インド・ブータンの国境の街まで (中国情報局 06/6/28)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0628&f=business_0628_002.shtml

  青海省の西寧とチベット自治区のラサ(拉薩)を結ぶ青蔵鉄道に延長計画があることが明らかになった。青蔵鉄道の3本の支線として建設し、そのうちの1本はインド及びブータンの国境の街ドモ(亜東)を終点とする。中国新聞社が伝えた。

  チベット自治区政府関係者の談話によると、青蔵鉄道の支線として建設されるのは、ラサ-ニャンティ(林芝)間、ラサ-シガツェ(日喀則)間、シガツェ-ドモ間の路線。

  ラサ-ニャンティ線はラサを起点にニャンティまで東進。ラサ-シガツェ線はラサを起点にシガツェまで西進し、シガツェ-ドモ線はシガツェから南進してインド及びブータンの国境の街ドモに至る。3線の総延長は2000キロメートルに達する。今後10年以内の開通を目指し、建設のための投資総額は数百億元と見込まれている。

  青蔵鉄道以外の中国内陸部の鉄道建設では、甘粛省と新疆ウイグルを結ぶ蘭新鉄道にある柳溝駅と敦煌駅を結ぶ169キロメートルの建設が完成し、3月2日に運行を開始している。

 この敦煌鉄道は青海省のゴルムド(格爾木)まで延長され、青蔵鉄道に接続する計画だ。

  この敦煌鉄道の延長部分と支線部分を含めた青蔵鉄道が完成すれば、中国の内陸部を縦断し、南アジア諸国と接続することが可能な鉄道ネットワークが完成することになる。またドモ県には、中国西南地区最大の自由貿易区とする計画がある。
[PR]
by sakura4987 | 2006-06-30 15:36

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987