★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日本遺族会会長の古賀氏、靖国神社総代を辞任 (読売 06/7/4)


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060704i114.htm?from=main1

 日本遺族会会長の古賀誠・自民党元幹事長が靖国神社の総代を辞任していたことが4日、明らかになった。

 古賀氏が靖国神社にまつられているA級戦犯の分祀を唱えたのに対し、靖国神社が従来からこれをできないとしているためだ。遺族会の代表が総代からいなくなったことで、遺族会と靖国神社の関係に微妙な影響を与える可能性もある。

 古賀氏は4日、総代辞任の理由について、「靖国神社は『A級戦犯の分祀をあり得ない』と言っている。神社を混乱させてはいけない。自分の立場をはっきりさせるために(辞任は)当然のことだ」と記者団に説明した。遺族会の会長は辞任する考えのないことを明言した。

 靖国神社の総代は、神社運営の基本方針を決める総代会のメンバーで、財界人、学識経験者、日本遺族会代表ら10人。

 古賀氏は遺族会の代表として1993年から総代を務め、今年10月に任期が切れる。古賀氏の辞表は6月12日付で受理され、当面総代は9人のままとなる見通しで、古賀氏の後任については「まだ靖国神社が遺族会側と正式に話し合っていない」(神社本庁関係者)という。

 古賀氏は5月18日の丹羽・古賀派政策勉強会で、A級戦犯の分祀検討案を提示したが、同派が6月15日にまとめた政策提言には盛り込まれなかった。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-05 07:53

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987