★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆安重根義士記念館がハルビン市で開館 (東亜日報 06/7/4)


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2006070459358

 日本植民地支配期、安重根(アン・ジュングン)義士が侵略の元凶である伊藤博文を射殺した歴史的現場の中国黒竜江省ハルビン市に、安義士記念館や展示室、遺墨碑が、「2006年ハルビン韓国週間(3~7日)」行事を前にして、次々に設置された。

 ハルビン市は、行事期間に安義士記念館を正式に開館し、写真展示会を開くなど、安義士追悼行事を実施する予定だ。昨年開かれた第1回韓国週間行事では、安義士追悼行事は行われなかった。

 ハルビン市は4日午前、ハルビン道里旧安昇街にある朝鮮族民族芸術館1階に設置された安義士記念館の開場式を実施する予定だ。朝鮮族民族芸術館も同日、開館する。

 ハルビン市はこれまで、韓国側の要請を受け、安義士記念館を建設しようとしたが、中央当局の許可を受けることができず、実現には至らなかった。

 136坪規模の安義士記念館には、安義士が1909年10月26日、ハルビン駅内で伊藤博文を射殺した現場を再現した模型や写真など、約300点の作品が展示されている。記念館の入口には、黒竜江大学教授が制作した安義士の胸像が設置されている。

 ハルビン市はまた、ハルビン駅内の安義士義挙現場に色が異なる大理石を敷き、安義士義挙現場であることが分かるようにした。駅内2階の鉄道発展歴史展示館には安義士展示室を別途に設け、関連写真を展示した。

 中国の抗日戦争の英雄である李兆麟(1910~46)の名をとった兆麟公園の中にも、安義士の直筆を刻んだ遺墨碑を建て、3日、記念式を開いた。当初ハルビン公園と呼ばれていた兆麟公園は、安義士が旅順の監獄で殉国する直前、家族に祖国が独立するまで埋めてくれと遺言を残した公園だ。

 中国中央政府とハルビン市が、「ハルビン韓国週間」行事を控え、これまで遅々として進まなかった安義士記念館を設置したのには、韓国企業を誘致し、韓国との親善を図るための配慮とみられる。

 中国当局はこれまで、安義士の記念を望む韓国側の努力に、公式の立場を表明せず、非協力的な態度を取ってきた。

 今年初め、安重根義士崇慕会(理事長=黄寅性元首相)などがハルビン都心の中央大街広場公園に4.5メートルの高さの安義士銅像を設置したが、10日後に撤去されたことがある。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-08 12:35

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987