★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆米国全土射程の新ミサイル、中国が来年配備計画 米誌報道 (東亜日報 06/7/12)


http://japan.donga.com/srv/service.php3?bicode=060000&biid=2006071285618

 北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)とされるテポドン2号、インドがICBM級のアグニ3号を発射した中で、中国が米国全土と欧州を射程内に入れる新ICBMを来年配備する計画だという報道が流れた。

 米国の国防専門週刊誌『ディフェンスニュース』は10日、「中国が初めて、射程7000マイルで核弾頭が装着できるICBM東風(DF)-31Aを、07年から実戦配備する計画だ」と報道した。

 射程が7000マイル(1万1270キロ)なら、米国東部のワシントン、欧州西部のスペイン・マドリード、フランス・パリが射程に入る。DF-31は核弾頭を3つ装着できる。

 新たに配備されるDF-31Aは移動式。先制攻撃を受ける可能性を減らすためのものだ。中国の従来のICBMは、25年前に配備されたDF-5(射程5200マイル・8372キロ)で固定式だ。昨年末から配備されたDF-31標準型を含めると、DF-31シリーズは計60基が配備されると、同誌は報じた。

 米国の軍事専門家らは、「DF-31は、1992と99年、2回共に試験発射に失敗したが、00年以後、試験発射に成功した」と話している。

 中国は、ブッシュ政権が01年に先制攻撃ドクトリンを公式化して以来、戦争抑止力に関する従来の戦略を見直してきたという。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-15 16:32

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987