★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【ミサイル発射】米財務次官、韓国で何の話をしたのか (朝鮮日報 06/7/21)


http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/21/20060721000003.html

 米財務省のスチュアート・レビー次官(テロ・金融情報担当)が16日から18日まで韓国を訪問したのは、国連安全保障理事会の北朝鮮非難決議採択後、北朝鮮に対する制裁の動きが表面化していることを示している。

 レビー次官は18日、米財務省のホームページで「韓国訪問中、北朝鮮のミサイルや大量破壊兵器(WMD)に使われる財政的援助の禁止を全ての国連加盟国に求める安保理決議を含め、共通の関心事について議論した」と述べた。

 具体的に安保理決議を北朝鮮にどう適用するかについて議論したことを明らかにしたものだ。レビー次官は今回の議論について「建設的で教育的だった」とし、満足感を表明した。

 レビー次官は3日間のソウル滞在中、国家安全保障会議(NSC)や外交通商部幹部はもとより、財政経済部、金融情報院の関係者にも会い、米国の立場を伝えた。

 韓国政府関係者によると、レビー次官は韓国訪問中、韓国政府に特に何かをするよう求めることはなく、ただ北朝鮮の大量破壊兵器製造に必要な資金の流れを断つことの重要性を強調したという。

 またブッシュ政権はいかなる場合であれ、北朝鮮の偽ドル札製造やマネーロンダリング(資金洗浄)を容認しないことを強調したという。

 レビー次官はまた、米財務省が進めているマカオのバンコ・デルタ・アジア銀行(BDA)の北朝鮮に関する資料の分析について、調査をすればするほど、さらなる調査が必要になっている状況にあり、調査には相当長い期間を要すると説明したという。

 ソウルのある外交消息筋は「国連安保理の決議案が採択されるやいなや、レビー次官が真っ先に韓国を訪問したのは、韓国政府が北朝鮮への金融制裁の重要性を認識し、積極的に賛同してくれることを望んでいるためだ」と語った。

 韓国政府はレビー次官の韓国訪問が、今月5日の北朝鮮のミサイル発射以前から予定されていたもので、通商部門の協議に終始したと説明している。

 韓国政府はレビー次官の訪韓日程を公開するよう提案したが、米国側が案件の性質を考慮して非公開にすることを求めたという。


───────────────────────────────────


◆米副大統領ら強硬派が北朝鮮を批判 (TBS 06/7/28)

http://news.tbs.co.jp/part_news/part_news3345134.html

 アメリカのワシントンでは、チェイニー副大統領らブッシュ政権の対北朝鮮強硬派が相次いで北朝鮮を批判しています。

 27日は朝鮮戦争停戦の53年目の記念日でしたが、式典で挨拶に立ったチェイニー副大統領は改めて北朝鮮を批判しました。

 「北朝鮮は無慈悲な抑圧、慢性的なモノ不足、そして大規模な飢餓の舞台であり、政治犯が主要都市ほどの大きな収容所に閉じ込められている」(チェイニー副大統領)

 そして、チェイニー副大統領は朝鮮半島全体が自由の灯火に照らされるまで、アメリカ軍はそこにとどまると強調しました。

 一方、金正日総書記を何度も呼び捨てにして、北朝鮮から目の敵にされているボルトン国連大使も27日の議会証言の中で、北朝鮮と中国のロケットなどの武器技術が、イランを経由して中東のテロリストに渡っているとの見方を示しました。

 「北朝鮮や中国のような国から技術が売られていることが、中東情勢を複雑にしている」(ボルトン国連大使)

 北朝鮮はアメリカによる金融制裁を理由に、6か国協議への復帰をかたくなに拒み続けていますが、今のところブッシュ政権の側が譲歩する気配は全くありません。
[PR]
by sakura4987 | 2006-07-29 15:02

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987