人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【正論】犯罪心理学者、聖学院大学客員教授 作田明 (産経 06/8/4)


なぜ女性の猟奇的犯罪が続くのか

目立つ共通点に強い自己顕示性


≪諸外国と比べても高率に≫

 最近、秋田県藤里町で発生した連続殺人事件は、その内容が凶悪である上に、近親者が被害に遭っており、また供述の変遷や生活史の特異性など、平塚5遺体事件の岡本千鶴子被告と共通している部分が多く、注目されている。

 女性による猟奇的事件が最近相次いでいることは何らかの意味があるのだろうか?

 日本における刑法犯が2006年上半期まで4年連続して減少していることが発表されたばかりだが、その一方で実は、女性の犯罪比率は諸外国に比べて高い水準で推移している。今回の2つの事件も、その典型的なケースといってよいであろう。

 かつて広瀬勝世氏は日本の女性犯罪を分析し、そこに2つの特徴を見いだした。ひとつは受動性であり、もうひとつは感情性である。

 そのことが、もともと被害者の立場に置かれやすい女性を犯罪に巻き込み、激情犯罪の代表である殺人と放火における女性比を欧米より高いものにしていると考えたわけであった。

 女性の地位が向上し、社会的役割が大きくなれば対人的な接点は大きくなり、社会的経済的な摩擦や葛藤(かっとう)の結果として生ずる犯罪の発生率は上昇し、限りなく男性のそれに近づくであろうという、かつて国際的に信じられた仮説は今日ではほとんど忘れ去られようとしている。

 これは男女の生物学的差異をひどく無視した議論であったためであるが、日本の場合には必ずしも女性の社会参加が進んでおらず、それにもかかわらず、少年犯罪や薬物犯罪などいくつかの分野で女性比が上昇していることについては、欧米とは異なった事情が存在しているように思われる。


≪物質的欲望強く虚言癖も≫

 近年目立つようになってきた日本における凶悪な女性犯罪には、いくつかの共通点が認められるであろう。

 確定判決にまではいたっていないものの、仮に和歌山の毒入りカレー事件などをも含めれば、ほとんどが子供をすでに出産した主婦の行為であり、犯行時に定職を持っていないのみならず、過去においても比較的不遇な生活を営んでいたという特徴が認められる。

 一方では、普通以上に上昇志向が強く、潜在的攻撃性が高かったと思われるのにもかかわらず、人生に失敗してきた過去があり、それに対する不満感情を蓄積させてもいる。

 彼女たちは、実際には人一倍欲望が深いのにもかかわらず、それを満足させる手段を持ち合わせず、最後には不法な手段によって物質的な欲望を満たそうとして犯行に及んでいるのである。

 性格においても、ほぼ一致した特徴が観察される。彼女たちはおしなべてうそつきであり、発言や供述がめまぐるしく変遷する。そればかりではなく、自分が話題の中心でないと物足りないという、いわば演技性パーソナリティー障害といってよい性格特性が認められる。

 事件との関りを強く疑われているにもかかわらず、逮捕前に進んでメディアの前に登場し、再三インタビューに応じるなど、およそ強い自己顕示性を背景として考慮せずにはあり得ないような行動を取り続けていることは、目立った共通点であるといってよいであろう。


≪怨恨生む安易な平等主義≫

 このように見るならば、彼女たちは、女性の地位が依然向上していない現代日本において、社会的な訓練に乏しく、一般常識や対人的スキルを身につける機会を得られないまま、ただ個人の物質的欲望のみが肥大化したモンスターといえるかもしれない。

 自分の能力の限界をもわきまえず、子供や家族、更には隣人への愛のために生きる尊さも認識することなく生活する中で、自らのルサンチマン(怨恨(えんこん))をコントロールする術を知らずに、一気に凶悪犯罪へと突き進んでしまったのである。

 自分の子まで殺して平然としているばかりか、そのことを悪用して、社会が自己へより一層注目するように企てるという際立った自己中心性は常軌を逸しているが、私たちは同時代に生きる者として、ただあきれてばかりいるわけにはいかないであろう。

 何よりも社会的規範意識を学校や家庭において強調し、子供たちに身につけさせるようにすべきであろう。

 また、多くの人はあえて言わないことであるが、社会経済的に失敗したときに安易に他者への憎しみや恨みを抱き、更には社会への復讐(ふくしゅう)心をたぎらすに至るという感情は、安易な平等主義がもたらすものだということも知っておく必要があると思うのである。
by sakura4987 | 2006-08-05 12:05

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987