人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆靖国合祀「戦役勤務に起因」限定 (中日 06/8/6) 


http://www.chunichi.co.jp/00/sei/20060806/mng_____sei_____001.shtml

 大戦末期秘密文書、東条元首相が通達

【写真】 1944年7月15日付で「陸軍大臣東条英機」名で出された、靖国神社合祀基準を通達した陸軍秘密文書の表紙の写し


 第2次世界大戦末期、東条英機首相(兼陸相)=当時=が「戦役勤務に直接起因」して死亡した軍人・軍属に限るとする靖国神社合祀(ごうし)基準を陸軍秘密文書で通達していたことが分かった。

 原則として戦地以外での死者は不可としており、元首相自身の戦中の通達に従えば、戦後の同元首相らA級戦犯は明らかに「合祀の対象外」となる内容だ。

 文書は、靖国への合祀は「戦役事変に際し国家の大事に斃(たお)れたる者に対する神聖無比の恩典」と位置付け、合祀の上申は「敬虔(けいけん)にして公明なる心情を以(もっ)て」当たるよう厳命している。

 文書は1944年7月15日付で「陸軍大臣東条英機」名で出された「陸密第二九五三号 靖国神社合祀者調査及上申内則」。原稿用紙29枚分で、原文のカタカナをひらがなに直して戦後に書き写したとみられる。80年ごろに旧厚生省が廃棄処分にした書類の1部として作家の山中恒氏が古書市で入手した。

 防衛庁防衛研究所の史料専門官は「旧陸軍の秘密文書の書式に合致し、内容にも矛盾がない」と原文を写したものにほぼ間違いないとしている。

 文書は、戦死者、戦傷死者以外の靖国神社への「特別合祀上申」対象者として

 (1)戦地でマラリア、コレラなどの流行病で死亡した者

 (2)戦地で重大な過失によらず負傷、病気の末に死亡した者

 (3)戦地以外で戦役に関する特殊の勤務に従事し負傷、病気の末に死亡した者

-の3つの要件に限定。「死没の原因が戦役(事変)勤務に直接起因の有無を仔細(しさい)に審査究明すること」を命じている。

 また、この文書と同じとじ込みの中にあった同年7月19日付の「陸軍省副官・菅井斌麿(としまろ)」名の秘密文書の写しは「東条通達」を補う形で、上官らの温情から合祀対象者が拡大傾向にあった当時の事情を「神霊の尊厳を冒すことあらんか實(じつ)に由々しき大事なり」と戒め、基準徹底をさらに詳細に指示している。

 当時、靖国神社への合祀者選定は陸・海軍省が管轄、霊璽簿(れいじぼ)と呼ばれる合祀者名簿を天皇が承認する形式だった。


 ■自分の合祀想定外

 東条英機元首相の2男・東条輝雄氏(91)の話 父が陸軍大臣として、そのような文書を出したとしても、立場上、当然のことだったと思う。戦地に行かなかった者は靖国神社に合祀されないというのは当時の常識だった。

 父も戦後、自分が合祀されるとは思ってもいなかったはずだ。ただ(父についての)合祀は靖国神社が決めたことであり、一民間人の私が是非について意見を言うことは控えたい。


 ■当人が驚いている

 文書を入手した作家・山中恒さんの話 基準の是非はともかく、基準に照らせばA級戦犯は、どう考えても合祀対象にはならない。戦地以外で死亡した例として「戦役に関係する特殊の勤務」という項目もあるが、これは情報機関員などを指し、内地の司令官などは該当しない。

 日露戦争で軍を率いた乃木希典、東郷平八郎らも合祀されず、乃木神社や東郷神社が建てられた。靖国に合祀されたことに一番驚いているのは、東条元首相をはじめA級戦犯のご当人たちではないか。


───────────────────────────────────


◆A級戦犯遺族:8人が分祀受け入れ 18人中反対3人 (毎日 06/8/6)

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060806k0000m040116000c.html

 靖国神社へのA級戦犯の合祀(ごうし)・分祀問題に関連して、毎日新聞社が合祀されたA級戦犯の14遺族に考えなどを聞いたところ、連絡できた13遺族18人(一部の遺族は複数)のうち、8遺族8人が分祀受け入れの意向を示した。反対は3遺族3人だった。

 「教義上、分祀はできない」とする同神社の姿勢と遺族らの意識に隔たりがある実態が浮き彫りになった。

 昭和天皇が合祀に強い不快感を示したとされる富田朝彦元宮内庁長官のメモが見つかったことを受けて、一斉聞き取りを行った。その結果、合祀・分祀については、5遺族の7人が「ノーコメント」「判断できない」などとしたが、10遺族11人が判断を示した。

 分祀受け入れを表明した遺族では、合祀は旧厚生省から送付された戦死者らのリストである祭神名票に基づいたもので「当初から同意したものでない」ことを理由に挙げる声が多かった。

 また「国民合意」や「靖国の自主的判断」を分祀受け入れの前提とする遺族もあった。ただ、自ら分祀を申し出る考えを示す遺族はなかった。

 広田弘毅元首相=絞首刑=の孫弘太郎さん(68)は「合祀について要望も同意もしていない。祖父がまつられていると考えていないので、分祀と言われても『ご自由にして下さい』としか言えない」と話した。

 東条英機元首相=絞首刑=の二男輝雄さん(91)は「遺族から何か言うべきことではない。神社が分祀を決めたら異論を出す立場にない」と靖国の判断に従う考えを示した。

 分祀反対の理由としては、

▽平沼騏一郎元首相=終身禁固、受刑中死亡=の養子の平沼赳夫衆院議員(67)が「神道に分祀というのはなく不可能」

▽板垣征四郎元陸軍大将=絞首刑=の二男正さん(82)が「合祀の手順は厳粛。分祀は認めたくない」

▽東条元首相の孫由布子さん(67)が「分祀論の発端は中国の圧力。外圧に屈することになる」と述べた。


◇合祀されたA級戦犯◇

土肥原賢二・陸軍大将 絞首刑

広田 弘毅・首相   絞首刑

板垣征四郎・陸軍大将 絞首刑

木村兵太郎・陸軍大将 絞首刑

松井 石根・陸軍大将 絞首刑

武藤  章・陸軍中将 絞首刑

東条 英機・首相   絞首刑

平沼騏一郎・首相   終身禁固 受刑中死亡

小磯 国昭・首相   終身禁固 受刑中死亡

白鳥 敏夫・駐伊大使 終身禁固 受刑中死亡

梅津美治郎・参謀総長 終身禁固 受刑中死亡

東郷 茂徳・外相   禁固20年 受刑中死亡

松岡 洋右・外相    --  公判中死亡

永野 修身・海軍元帥  --  公判中死亡


■A級戦犯と合祀  極東国際軍事裁判(東京裁判)で、侵略戦争を計画・遂行したなどとして起訴された政府と陸海軍の指導者28人が「A級戦犯」。

 48年の判決では、病死や免訴の3人を除く25人全員が有罪で、東条英機元首相ら7人が絞首刑に。靖国神社は78年10月、この7人と、受刑中や公判中に死亡した7人の計14人を合祀した。

 85年8月、当時の中曽根康弘首相が初の公式参拝に踏み切って以降、中国などがA級戦犯合祀を問題視し「侵略戦争を正当化する」として反発を強めた。

 解決策の一つとして14人を分祀する考え方があり、当時遺族の一人の板垣正氏が他の遺族の取りまとめに当たったが、一部から異論が出て頓挫した。同神社は「神霊を分けても元の神霊は存在しており、分祀はあり得ない」としている。
by sakura4987 | 2006-08-06 08:54

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987