人気ブログランキング |

★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆県内15市町、総計376億円 県が「一時借入金」公表 (中日 06/8/4)


http://www.chunichi.co.jp/00/siz/20060804/lcl_____siz_____002.shtml

 北海道夕張市が財政破たんするきっかけになった「一時借入金」について静岡県は三日、政令指定都市の静岡市を除く県内四十一市町を対象にした実態調査結果を公表した。

 二〇〇五年度に一時借入金があったのは十五市町で、ピーク時借入額の合計は三百七十六億七千二百万円。自治体が行政サービスを提供するために必要な一般財源の規模を示す「標準財政規模」に対する割合の平均は6・24%だった。

 県市町総室は、夕張市のように一般会計と特別会計の間で資金をたらい回しにして赤字を隠ぺいしたり、一時借入金が標準財政規模を上回る事例はなかったとしている。

 標準財政規模に対する借入額の割合が最も高かったのは伊東市(84・1%、百十三億五千万円)で、熱海市(64・1%、六十四億八千万円)、磐田市(13・9%、四十六億円)と続いた。

 伊東市は、今年二月に伊東競輪場で重賞レースを開催した際、全国の競輪場に場外発売を委託したため、人件費など経費負担が約八十億円発生した。起債や徴税による収入があるまでの一時的な資金不足を補うため借り入れているという。

 熱海市は主に上下水道と温泉供給事業の運転資金に充てている。例年は五十億円程度だが、〇五年度は下水道の拡張があったため、金額が膨らんだ。磐田市は下水道事業に必要な資金のほか、一般会計の不足額を三十億円補った。


◆一時借入金◆ 地方自治体が資金不足を賄うため、年度内に返済することを条件として金融機関から借り入れる短期資金。限度額は予算編成時にあらかじめ決めておく必要があるが、借り入れに議会の議決が不要なうえ、利子が公債費に含まれる以外は予算の歳入・歳出に計上されないため、外部に実態が伝わりにくいとされる。
by sakura4987 | 2006-08-07 08:08

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987