★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆松代、拉致解決へエール 甲子園応援席には青いリボン (朝日 06/8/9)


http://www.asahi.com/sports/bb/TKY200608090078.html


 三塁側スタンドに、ひらりと青色のリボンがたなびいた。初出場の松代(長野)の応援団では、保護者やベンチ入りしない選手らが、北朝鮮による拉致被害者の帰国を訴える「ブルーリボン」をつけて応援した。

 8日、選手たちは、前日に届いた横田夫妻や地村保さんのメッセージを胸に鳥取代表・倉吉北と対戦。延長11回サヨナラ勝ちで、見事に初戦を突破した。

 松代野球部と、拉致被害者やその家族との交流は、「救う会長野」代表の塚田俊明さん(51)の長女理恵さん(26)が、野球部の元マネジャーだった縁で始まった。

 理恵さんが卒業後、野球部に拉致被害者救出に向けた署名への協力を依頼。この4年間でのべ約4千人の署名を集めた。今年4月には、横田さん夫妻が野球部を訪れた。

 試合前日の夕方。食堂に集まった選手たちは、応援ファクスが張り出されているホワイトボードに駆け寄った。

 「純粋で一途な皆の心の結集が、更なる勝利につながっていくことを信じ、応援しています」。横田めぐみさんの両親、滋さんと早紀江さんからだった。「信念と根性を見せてください」と地村保志さんの父の保さんからのファクスもあった。

 甲子園の初戦は、終盤に3点差を追いついてからのサヨナラ勝ち。徳原賢治副主将は「やればできる。横田さんに勇気を出してもらえる野球ができた」と笑顔だった。
[PR]
by sakura4987 | 2006-08-11 09:03

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987