★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆北朝鮮スパイ、韓国の原発爆破を計画 (産経 06/8/22)


http://www.sankei.co.jp/news/060822/kok090.htm

≪盧武鉉政権に打撃≫

 韓国政府は韓国内に潜入していた北朝鮮のスパイを国家保安法違反容疑で逮捕したと21日、公表したが、このスパイが破壊工作の準備のため、韓国内の原子力発電所や韓国軍の基地、在韓米軍基地などを撮影していたことがわかり、「対話と和解」政策を進めてきた盧武鉉政権に打撃となっている。

 このスパイは北朝鮮の工作機関のひとつ、朝鮮労働党35号室所属のチョン・ギョンハク容疑者(48)で、フィリピン国籍に偽装して韓国入りし、出国しようとした31日に逮捕された。北朝鮮工作機関が南派(韓国に送り込む)したスパイ逮捕は9年ぶり、盧武鉉政権では初めて。

 国家情報院によると、チョン容疑者は韓国中部・忠清南道の空軍レーダー基地や東部の蔚珍にある原子力発電所などを撮影、戦争発生時のターゲット確認の目的だったとみられている。 

 これまで90年代なかばからたびたび韓国に潜入していたチョン容疑者は97年にはソウル市内の南山タワーの展望台から望遠レンズで在韓米軍基地を撮影、フィルムを駐タイの北朝鮮大使館の党秘書に渡した容疑も持たれている。

 また、フィリピンの自宅からは北朝鮮への報告などに使っていたコンピューターや短波ラジオなどが見つかったという。

 国家情報院が韓国国会に明らかにしたところでは、捜査過程で同容疑者は「有事の際に南の原発を破壊すれば、原子爆弾を投下するのと同じくらいの混乱を引き起こすことができるとして、原発の写真を撮影して来るよう(北朝鮮の)人民武力部に指示された」などと供述しているという。 

 同容疑者は1993年東南アジアで活動、バングラデシュやタイ、中国、フィリピンと4カ国の国籍を偽造、韓国に潜入していた。

 国家情報院は99年、亡命者証言で北朝鮮35号室の「チョン先生」がタイのパスポートで韓国に出入りしているとの情報を入手、捜査を開始したという。
[PR]
by sakura4987 | 2006-08-23 15:05

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987