★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「米秘密要員、北朝鮮製偽札の米国搬入を摘発」…

国情院長が国会情報委で報告 (中央日報 06/8/29)

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=79335&servcode=500§code=500

情報分野の最高責任者である金昇圭(キム・スンギュ)国家情報院(国情院)長は28日、国会情報委に出席し、米国政府の北朝鮮偽札追跡動向を具体的に報告した。 北朝鮮の核実験の可能性に関する国情院の判断も公開した。 次は情報委員らが伝えた金院長の主要発言内容。


◆北朝鮮の偽札をどう把握したか=米国捜査当局は1999年11月から2005年8月にかけてアジア系犯罪団体の偽札・麻薬・偽たばこなどを捜査した。

 作戦名は「ローヤル・チャーム(Royal Charm)」「スモーキング・ドラゴン(Smoking Dragon)」だ。 米秘密要員らは偽造紙幣の購買者を装って犯罪組織の偽札流通責任者と接触した。

 その過程で犯罪組織が700万ドル以上の北朝鮮製偽造紙幣をおもちゃ箱、布などに隠した後、船舶コンテナを利用して米国に搬入した容疑を摘発した。

 現在進行中の裁判で容疑者の一人である中国系米国人「チャオトゥンウ」は精密偽100ドル札「スーパーノート」の密搬入を認め、「偽札は北朝鮮で製造された」と陳述した。

 政府はこれを深刻に憂慮している。(国情院の関係者は「問題の偽造紙幣は米国が押収したと聞いている」と伝えた)


◆北朝鮮核実験の可能性は=‘核実験の準備'と断定できるだけの直接的な情報はない。 しかし金正日(キム・ジョンイル)国防委員長が決断すれば可能性は常にある。

 90年代末から咸鏡北道吉州郡(ハムギョンブクド・キルジュグン)プンゲ里で坑道掘削の動きをとらえ、動向を追跡してきた。

 最近ここで(地下核実験時に坑道内に電力を供給する)ケーブルと推定される物体が発見されたが、核実験用だと断定するのは難しい。

 (辛基南情報委員長は「核実験着手の徴候はないが、準備した施設などを見ればいつでも核実験に着手できる技術的な力量は保有しているという意味」と説明した)現状況で金正日委員長が核実験を指示する可能性は50%とみている。

 北朝鮮が40-50キロのプルトニウムを確保した可能性がある。(核兵器)1・2基は保有していると見るべきではないか」


◆金正日委員長の健康異常説は=心臓病と糖尿病があると把握されているが、職務を果たせないほど深刻な状態であるとは把握されていない。

 (情報委で「金委員長が今年1月の中国訪問時、北京にある宇宙センター内の医療機関で診療を受けたようだが」という質問が出ると、金院長は「そういう情報をどうやって入手したのか」と反問した)
[PR]
by sakura4987 | 2006-08-30 08:49

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987