★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆係争中の南沙諸島で中国が油田開発計画 (ベトナムニュース 06/9/1)


http://viet-jo.com/news/politics/060831073205.html

 中国石油天然ガス(CNPC)傘下のペトロチャイナ(PetroChina)が、中国、ベトナム、フィリピンなど6カ国が主権を争う南沙諸島付近の海域で油田開発を計画しており、中国外務省に同区域の探査許可を求めていると、国際的なオイル・ガス業界専門紙、アップストリーム(Upstream)紙が報じた。

 南沙諸島は現在「係争中」の地域であるため、ベトナムをはじめとする関係各国への配慮から中国外務省は今年初め、ペトロチャイナの申請を却下した。

 しかしペトロチャイナはベトナム国営企業のペトロベトナムと早期交渉を希望し、ペトロベトナムは既に今月末の会合に向け北京へ使節団を送った、と報じられている。一方ペトロベトナムは、この事実を否定している。

 さらに同紙はペトロチャイナ関係者からの情報として、開発予定区域の原油埋蔵量はおよそ300億バレルだが採掘できるのはその10%ほどであること、ペトロチャイナは2010年までこの区域で一日当たり4万バレルを産出する計画であることなどを報じている。

 ペトロチャイナは南シナ海に総面積およそ12万7000キロ平方メートル、約20の鉱区を保有する予定だが、そのうちいくつかの鉱区はマレーシア及びベトナムとの係争地域内にあるという。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆09年対中輸出、3倍超に 目標は日量100万バレル ベネズエラ (フジサンケイ 06/8/29)

http://www.business-i.jp/news/china-page/news/200608290020a.nwc

 新華社電によると、胡錦濤国家主席と温家宝首相と会談したベネズエラのチャベス大統領は、記者団に対し、2009年に中国への石油輸出量を日量50万バレルに引き上げる方針を明らかにした。現在の対中輸出量は同15万バレルで、3年後に3倍以上に拡大することになる。

 こうした石油輸出拡大の方針は胡主席との会談で合意されたとみられる。

 同大統領は最終的な目標として、対中石油輸出量を日量100万バレルにするために努力すると表明。ベネズエラは12年に石油生産量を日量500万バレルの水準に増産する計画を進めており、増産分の多くを中国向けに当てる見通しだ。同国が生産する石油の約半分は現在、米国向けとなっている。
[PR]
by sakura4987 | 2006-09-02 08:34

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987