★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「ローマ法王が聖戦批判」 イスラム国で抗議拡大 (中日 06/9/16)


http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20060916/
mng_____kok_____000.shtml

 パキスタン国民議会(下院)は15日、ローマ法王ベネディクト16世が母国ドイツの大学でイスラム教と暴力を関連づけた内容の講義を行ったとして強く反発、発言を取り消すよう求める決議を全会一致で採択した。イスラム各国からも発言の撤回要求が突き付けられ、抗議行動は拡大する可能性がある。

 AFP通信によると、法王は今月12日、ドイツ南部レーゲンスブルクの大学で行った宗教学の講義の中で、14世紀の東ローマ帝国皇帝の言葉を引用し、イスラム教と暴力、特に聖戦(ジハード)との関連を暗に批判したとされる。

 決議は「宗教間の調和の観点から、法王は発言を撤回すべきだ。ジハードや預言者ムハンマドの原理に関する法王の侮辱的な発言は、世界中のイスラム教徒を傷つける」としている。

 法王のスポークスマンは「イスラム教に敬意を払っている。宗教に動機づけられた暴力を拒絶しただけだ」と釈明に躍起だが、パキスタン外務省は「最も寛容なイスラム教の歴史に対する無知をさらけ出した。ローマ・カトリック教会のリーダーの発言は、宗教間の平和に向けた国際社会の努力を無にするものだ」と激しく非難した。

 領有権をめぐって争うインドのカシミール地方でも、イスラム教徒によるデモが繰り広げられ、少数派国民委員会幹部は「まるで(キリスト教徒が異教徒と戦った)中世の十字軍のようだ」と酷評。11月に法王の訪問が予定されているトルコ政府の宗教当局者も「敵意と悪意に満ちた発言」として訪問に反対する考えを表明した。エジプト、クウェートなども謝罪を要求している。
[PR]
by sakura4987 | 2006-09-16 12:57

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987