★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆自治体業務 民間丸投げはチェックなし (赤旗 06/9/17)


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-17/2006091715_02_0.html

不正腐敗の温床に 市民オンブズマン大会

 「民営化の透明度を検証する」をテーマに、全国市民オンブズマン連絡会議の第十三回大会が十六日、福岡市内で始まりました。全国から三百四十人が参加。二日間の日程で交流します。

 初日のこの日は、外郭団体や指定管理者制度に関する全国調査の結果が報告され、「不正・腐敗の温床をとりのぞこう」との声があがりました。

 同連絡会議の内田隆事務局員は、都道府県・政令市の外郭団体に関する全国調査の結果を報告。

 都道府県・政令市ともに、外郭団体への業務委託のうち入札などによらない随意契約が九割を超えていることについて、

 「国の外郭団体では、半分以上が随意契約の必要がないと示されている。委託業務はそもそも必要か、契約金額は適切かといった点から見なおすべきだ」と指摘しました。

 公の施設の管理運営を法人や団体などに委託する指定管理者制度の全国調査では、導入済み施設が増えている一方で、情報公開を担保する制度づくりが進んでいない実態が浮かび上がりました。

 報告した、「かながわ市民オンブズマン」からの参加者は

 「指定管理者の作成した文書は行政文書としても位置付けられない。これでは自治体の責任が置き去りにされてしまう」とのべました。

 調査結果についてコメントした斎藤文男九州大学名誉教授は、「官から民へと言ってチェック機能をつくらずに民間に丸投げしてしまったのが、今回の指定管理者制度。開放される市場は十兆円ともいわれている。問題が解決されなければ、不正、腐敗の温床になりかねない」と話しました。

 全国市民オンブズマン連絡会議は、国、地方公共団体等にかかわる不正・不当な行為を監視し、これを是正することを目的とする市民オンブズマンの情報交換・経験交流や共同研究等を行うため、一九九四年に結成されました。
[PR]
by sakura4987 | 2006-09-17 16:05

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987