★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆射程距離500キロ巡航ミサイル「天龍」開発 (世界日報 06/9/22)


 韓国軍と国防科学研究所(ADD)が最近、射程距離500キロ級の巡航ミサイルを開発したことが分かった。

 軍消息筋は21日、「軍とADD技術陣が射程距離500キロの巡航ミサイルを開発した」として、「10月頃に創設完了する誘導弾司令部に配置される予定だ」と明らかにした。

 同ミサイルは来年から導入される3隻の中型潜水艦(1800トン)にも装備される予定だ。

 「天龍」と命名されるこのミサイルは有事の際、北朝鮮の後方ミサイル基地を打撃できる能力を保有しているという。

 これに先立って尹光雄(ユン・グァンウン)国防長官は7月7日、国防部出入記者懇談会で「巡航ミサイルを研究開発するつもりで、米側もこれを知っている」として、巡航ミサイル開発事実を公開した。

 尹長官は続いて、「この3年間、私たちが(巡航)ミサイル試験発射をした回数が10数回を越える」としながら、「北朝鮮は長距離ミサイル能力を確保しているが、私たちは正確度の側面で北側よりはるかに先んじている」と話した。

 韓国政府は2001年、米国と合意したミサイル指針により「射程距離300キロ、弾頭重量500キログラム」以上の弾道ミサイル開発は制限されているが、巡航ミサイルの場合には「弾頭重量500キログラム」以上を越えなければ、射程距離に制限なしで開発できる。
[PR]
by sakura4987 | 2006-09-22 16:32

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987