★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆国連決議を早期採択 (神戸 06/10/9)

http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/news/0000135073.shtml

 安倍晋三首相は9日午後、ソウルの青瓦台(大統領官邸)で韓国の盧武鉉大統領と初会談し、北朝鮮の核実験実施発表に対して「国際社会の平和と安全に対する脅威で、断じて容認できない」として日韓両国で連携し断固たる対応をとり、国連安全保障理事会決議の速やかな採択に向け協力していくことで一致した。

 首相は制裁の法的根拠となる国連憲章7章を明記する新たな国連安保理決議案を提出する方針を伝達した。

 両氏は、小泉純一郎前首相の靖国神社参拝で悪化した日韓関係を改善させることで一致。首相は、自身の靖国神社参拝に関し、中国首脳に対して述べたのと同様に「適切に対処していく」と表明。

 その上で「韓国国民の心情を重く受け止め、相互理解、信頼に基づく友好関係を構築したい」と述べた。

 日韓首脳会談は昨年11月以来。大統領は首相の訪日招請に対し「適切な時期に訪日したい」と応じた。首相は韓国の潘基文外交通商相の次期国連事務総長就任への支持を大統領に表明した。

 両氏は(1)第2期日韓歴史共同研究の年内開始(2)日韓排他的経済水域(EEZ)境界画定交渉の加速-も確認した。

 歴史認識問題で首相は、日本の過去の植民地支配で多大な損害と苦痛を与えたことへの「反省の意」を表した上で、戦後の平和国家としての歩みなどを説明。

 従軍慰安婦問題で旧日本軍の強制を認めた1993年の河野洋平官房長官談話を継承すると表明した。

 大統領が国立追悼施設の検討を求めたのに対し、首相は「いろいろな議論の中で慎重に検討している」と述べた。

 会談は約2時間にわたった。首相は2日間の中韓歴訪を終え、9日夜、帰国する。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-11 12:55

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987