★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆環境問題 「感心ある」9割超す (産経 06/10/11)



 生活者の9割以上が環境に関心を持っていることが、博報堂が実施した「環境に関する生活者の意識調査」で分かった。この1年間で環境問題を気にかけることが多くなったという回答も半数近くにのぼっており、環境問題に対する意識が高まってきているといえそうだ。

 調査は、首都圏と阪神圏の18歳以上の男女を対象に、ウェブサイトを通じて520人から有効回答を得た。

 環境問題に「非常に関心がある」と答えたのは21・5%、「まあ関心がある」が68・7%で、合わせて9割を超えた。

 「非常に関心がある」は、首都圏では24・2%だったのに対し、阪神圏では13・0%と東西で格差がみられた。また、男女別では男性が26・9%、女性16・2%と男性が多く、年代別では50代以上が27・7%だった。

 関心の高い環境問題は、「地球温暖化」が81・3%と最も高く、「ごみの増大」(63・7%)、「リサイクルの推進」(56・2%)、「大気汚染」(55・8%)と続いた。

 実践している環境問題は、「ビンや缶のごみ分別」が90・6%、「シャンプーなどの詰め替え」が88・8%、「部屋の電気などをこまめに消す」が82・7%。2年前の調査に比べ、地球温暖化防止につながる行動の実践度は軒並みアップしていた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-12 11:18

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987