★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆米国が北への「ぜいたく品」流入を望まないワケ (朝鮮日報 06/10/14)

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/10/14/20061014000018.html

 米国が国連安全保障理事会に提出した、北朝鮮に対する制裁決議案には、ぜいたく品の北朝鮮への流入を防止する条項が盛り込まれている。

 専門家らは、この条項が意外にも金正日(キム・ジョンイル)政権に打撃を与え得ると分析している。金正日総書記の政権維持策の中核をなしているのは、軍や政府の中核勢力を特別な管理下に置き、彼らを運命共同体のようにしてきたことだ。彼らを特別な管理下に置くに当たって、最も重視してきたのが「贈り物」だ。その量はケタ外れに多く、軍団長クラスには純金製の拳銃を与えたこともある。彼らは北朝鮮の一般国民らとはあまりにも違ったぜいたくな生活を送っている。

 朝鮮労働党財政経理室傘下の「贈り物課」は、金総書記に謁見(えっけん)する側近らに対し、仕事ぶりや職位に応じて自家用のベンツ、高級洋酒、外国製のスーツや下着、そして2000ドル(約24万円)から5000ドル(約60万円)の現金を支給するといわれている。米国のぜいたく品流入防止策が実現すれば、金総書記が軍や政府の中核勢力に与えているこうした贈り物が北朝鮮に流入しなくなることを意味する。北朝鮮の現実に合った制裁案というわけだ。

 ある外国の税関の統計によると、北朝鮮は1990年代の「苦難の行軍」の時期にも、10年間で2400万ドル(約28 億6300万円)分の高級時計をスイスから輸入していたという。この中には1個当たり1万7000ドル(約203万円)相当のものもあった。同じ時期にフランスからは130万ドル(約1億5500万円)分の高級香水を輸入し、ドイツからは宝石、スポーツ用品、ゲーム機、玩具などを輸入するのに総額1200 万ドル(約14億3200万円)を投じた。しかし一方で、この期間に数百万人の国民が餓死しているのだ。

 韓国政府のある関係者は、「ぜいたく品流入防止条項は、今年8月にブッシュ米大統領が打ち出した“盗賊政治との戦い”と関連したものだ」と述べた。ブッシュ大統領は声明の中で「われわれの目的は、政府幹部のあらゆる形の腐敗を取り除き、腐敗した高官らが国民に対する詐欺や略奪で得た利得を隠すために国際金融システムを利用することを防ぐことにある」と述べた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-16 08:08

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987