★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆米国務省、中台関係で台湾総統に懸念 (産経 06/10/19)

 米国務省のケーシー副報道官は17日、台湾の陳水扁総統が憲法改正問題に前向きな姿勢を強めていることについて「(中台間で)安定的な状態を一方的に変更するどんな行動も望まない」と牽制(けんせい)した。

 このほど公表された米議会調査局の米台関係に関する報告書は双方の意思疎通が陳政権になってから難しくなっていることを問題にしていた。北朝鮮の核実験実施で米中関係が緊密化していることも絡み、台湾に対する米側の冷淡な対応は続きそうだ。

 問題となったのは、総統府資政(上級顧問)を務めた辜寛敏氏の生誕80年祝宴(15日)での陳総統発言。この中で陳総統は、現行の憲法を凍結して新たな「第二憲法」を制定し、台湾独自の国家建設をめざすという辜氏の構想に対し、「辜氏の夢であり、私の夢でもある」と語っていた。

 同副報道官は「中台関係を巻き込むすべての問題は、一方的な行動よりも対話で解決されることを望む」と述べた。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-20 10:19

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987