★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「北工作員接触」疑惑の李ジンガン氏、主思派出身 (世界日報 06/10/31)


 北朝鮮工作員と接触した疑惑で拘束された李ジンガン(43)氏が、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の最側近であるアン・ヒジョン(42)氏が組織部長だった高麗大「愛国学生会」で活動していたことが確認された。李氏は高麗大でアン氏より1年先輩だ。

 2人が活動した高大愛国学生会は1986年7月、高大の学生たちが結成した地下学生運動団体だ。ソウル大「救国学生連盟」、延世大「救国学生同盟」等と共に、代表的な民族解放派(別名『主体思想派』)組織として挙げられる。

 主体思想派は韓国、北朝鮮の統一を指向し金日成の主体思想と、北朝鮮の韓国革命路線に傾倒した指向を見せ、80年代の学生運動を率いた。

 87年5月、公安当局が愛国学生会組織員26人を逮捕し、アン氏もこの事件にかかわって、拘束されたことがある。

 国務総理室傘下の「民主化運動関連者名誉回復補償審議員会」は昨年5月、愛国学生会関連者らの名誉回復と補償を決めた。

 李氏とアン氏がこの組織で活動し、どの程度の関係を結んだのかに対しては伝えられていない。

 しかし、先輩後輩の2人が愛国学生会活動を通して、少なくともとも親交を深めたという推定は可能で、それ以上の親密を維持したかも知れない。

 李氏はまた同じ容疑で拘束された民主労働党事務副総長の崔キヨン(40)氏と、20年前に起きた「建国大抗争」事件にも共にかかわったことが確認された。2人は建国大抗争の時に拘束されて、懲役1年、執行猶予3年を各々宣告された。

 連行者だけでも1447人、拘束者1288人という数字で見るように、建国大抗争事件は韓国内学生運動史上、最大の公安事件だった。
[PR]
by sakura4987 | 2006-10-31 08:55

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987