★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「父親は早期帰宅」「早く家に帰る日」 (中日 06/11/28)


http://www.chunichi.co.jp/00/gif/20061128/lcl_____gif_____000.shtml

少子化対策、県が条例案骨子

 県は27日、「ぎふ少子化対策県民連携会議」を県庁で開き、本年度に策定する「少子化対策基本条例」案の骨子を提示した。

 「父親の早期帰宅」といった父親に限定した役割の言及や、毎月「8」が付く日を「早く家庭に帰る日」とする提案があり、委員から疑問を投げ掛ける発言が出された。県側は、県民意見を聴いた上で再検討し、条例案にまとめる考え。

 骨子によると、「社会全体で、安心して子どもを生み育てることができる県づくり」を目的とし、現状の課題や県民の願いを分かりやすい文章による「前文」を付けるのが特徴。その上で、県、事業者、県民らの取り組み内容を提示した。

 そのうち、子育てでは「家庭が大切な役割を担う」とし、父親、母親、その他の保護者は「子どもと一緒に過ごす時間を大切にする」などと明示。

 さらに「父親」は、「早い帰宅を心掛け、子どもと触れ合う時間を増やす」「家事や育児を分担する」との文言を盛り込んだ。県は、「8」が付く日を「早く家庭に帰る日」として創設するとした。

 委員から「父親と書く必要があるのか」、日を限定した取り組みは「固定されると、やりづらい。絵に描いたもちになりかねない」との意見があった。ただ「父親の役割が明示されると心強い」と賛同する発言もあった。

 県側は「県内男性の長時間労働時間は全国8位。あえて父親の役割を記述した」と説明。来月にも県民意見を求めるとした。
[PR]
by sakura4987 | 2006-11-29 07:34

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987