★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆[朝鮮総連・科協]「また『北』と結ぶ不正が発覚した」


 (読売社説 06/11/29)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20061128ig91.htm

 これも、北朝鮮の国家的犯罪と言えるのではないか。警視庁が、薬事法違反容疑で在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の東京都本部などを捜索した。

 朝鮮総連の傘下団体「在日本朝鮮人科学技術協会」(科協)の幹部の妻が、医師から無許可で譲り受けた輸液パックなどの医薬品を北朝鮮に不正輸出しようとした事件だ。

 この輸液パックは、国内では手術後の患者の体力を回復させる点滴薬として使われている。政府高官や軍幹部の治療用などのため、北朝鮮が調達に組織的に関与した疑いがあるという。

 一女性の単独犯行であるわけがない。同種の輸液パックが北朝鮮に大量に不正輸出されたり、税関に無申告輸出で摘発されたりするケースが、昨年から相次いでいた。科協の幹部が役員をしている商社が関与した事件もある。

 しかも、北朝鮮がらみの不正の構図の中で、科協の名前が登場したのは、今回が初めてではない。

 東京の工学機器メーカーは、科協の幹部の依頼でミサイル開発に転用できる粉砕機を北朝鮮に不正輸出していた。防衛庁のミサイルシステムの研究開発データが、科協幹部が経営するソフトウエア会社に流出した問題も発覚している。

 科協は在日朝鮮人の科学者や技術者の組織で、本国の朝鮮労働党の指令下にある。科協の実態の徹底解明が必要だ。

 もともと警察当局は、科協を通じ先端技術が流出していると見ていた。北朝鮮の元技師が米議会で「ミサイル部品の90%は日本製」と証言したこともある。

 様々な製品や技術が日本から運び出され、直接、間接に金正日総書記の軍事独裁体制を支え、ミサイルや核開発を助ける結果となった。輸液パック事件も別の狙いの有無を調べるべきだ。

 政府を挙げて、もっと早くから、朝鮮総連や科協の違法行為を封じる対策を取るべきだったが、北朝鮮に対する冷厳な見方を欠いていた。

 朝鮮総連は、核実験に対する日本側の制裁措置について、「前例のない常軌を逸した異常な措置」との談話を発表した団体である。金正日体制に忠誠を誓う存在とはいえ、日本の国民が感じている核の脅威の深刻さを無視した、あまりに非常識な見解だ。

 経済制裁の実効性を高めるため、政府は関税法や外為法を改正し、不正輸出に対する罰則を強化するという。核開発を放棄させるため、北朝鮮に厳しく圧力をかけ続けていくことが大事だ。それと同時に、テロなどの不穏な動きにも警戒を強化していかなければならない。
[PR]
by sakura4987 | 2006-11-29 07:37

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987