★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆「4・19団体の暴力、法的責任問う」 (韓国版オーマイニュース)


http://www.ohmynews.com/articleview/article_view.asp?at_code=377687

2日午後に麻浦区のニューライト財団事務室で会った安秉直(アン・ビョンジク)ニューライト財団理事長(70歳、ソウル大学名誉教授)は、登山服姿だった。先月30日の教科書フォーラム(常任代表:朴孝鍾)による代案教科書シンポジウムで4・19革命同志会員らに胸ぐらをつかまれるという侮辱を受けたが、大きい負傷は無さそうだった。安教授は最初に「物議をかもして国民に申し訳ない」と述べた。 <中略>

しかし安教授は、日帝植民統治が韓国の近代化に寄与したということと、韓米同盟によって韓国が体制を維持できたということ、朴正煕軍事政権の経済努力に対しては、確固たる信念を表明した。

まず安教授は、教科書フォーラムの代案教科書が日帝強占を正当化した日本の「新しい歴史教科書をつくる会の主張と似ているとの指摘に対して、「草案を読んでいないから」と一蹴した。また、「日帝時代、土地収奪は無かった」として、「親日派だ、『つくる会』と考えが同じだ、と批判されても、私は(日帝の土地収奪があったという)そんな事実を受け入れることはできない」と述べた。

しかし安教授は、自分の主張はあくまで韓国の近代化過程に関する歴史的評価であって日帝強占の美化ではない、という点を明確にした。教授は、「日本人の制度改革は、近代的制度に近い改革だと評価しうる」としながらも、「しかし日本人が朝鮮人のためにしたというのは、話にならないことだ」とはっきり述べた。

従軍慰安婦の記述を落としている、とか、抗日武装独立運動を意図的に縮小している、という非難に対しても、「現在の歴史の中心軸におくべきではないからだ」と述べた。更に、「(日本軍隊慰安婦問題などを)落とすことはできない」として、なんらかの形で代案教科書に載せる予定だと語った。

ただし安教授は、日本軍慰安婦に関して「みな貧しさから出たことだ」「親が貧しくなければ、どうして自分の娘を売ったりするものか」と述べており、論難が予想される。教授は、「そんな事実(貧乏)については一言も言わないで、『倭奴(ウェノム)が無条件・強制的に捕えて連れて行ったから慰安婦になった』と言っているが、そんな話はウソだ」と主張した。

以下は安教授との一問一答だ。

Q.<中略>「朝鮮総督府の土地収奪は事実上なかった」という内容があるようだが。

A.「日本の『つくる会』が(自分たちの教科書で土地収奪を)どう扱っているのかは知らない。私たちは既に1990年代に、全国の土地調査事業文書をほとんど調査した。土地調査部, 紛争地書類、土地測量関係書類、地
籍図を総合検討した結果、『土地掠奪は無かった』というのが私たちの客観的結論だ。それについて少しも揺らぐことはない。ただ、土地収奪が一件たりとも無かったかということは分からない。」 <中略>

Q.現在の慰安婦と言えば性売買女性のことか。
A.「そうだ。根はどちらも同じだ。どちらも貧しさから出たものだ。親が貧しくなければ、どうして自分の娘を売ったりするものか。」 <中略>

Q.性売買とは違う問題ではないか? 慰安婦強制動員があったこと自体は史実と見られるのではないか。
A.「実際、(日帝時代に)強制動員はたくさんあった。男性の場合は徴用や徴兵、女性の場合は挺身隊が強制動員された。しかし慰安婦について、強制をしたかどうかは(まだ客観的には)分からない。強制したという資料を、日本と韓国のどこからも出したことはない。慰安婦経験を持った人々の証言だけだ。史学をやる人間は、証言をもって歴史的な資料とはしない。参照資料に過ぎない。こう言うからといって、私が(慰安婦強制動員が無かったという)話をしているのではない。ただ資料が無いということだ。」  <後略>
[PR]
by sakura4987 | 2006-12-07 16:24

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987