★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆日米政府 中台有事に対処計画 来月から研究開始日本は後方支援想定



 (西日本 07/1/4)

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/20070104/20070104_004.shtml

 日米両政府が、中国と台湾間の有事を視野に、米軍と自衛隊による共同対処計画の検討開始に基本合意していたことが分かった。複数の日米関係筋が3日、明らかにした。

 双方の外務、防衛当局者が2月から中台有事に至る複数のシナリオの研究に着手する。日本側は周辺事態法を根拠に、給油、医療などの「後方支援」の可能性を探る方針だが、台湾の独立を認めない中国は強く反発しそうだ。

 周辺事態法の適用範囲に、台湾が含まれるかを明確にしてこなかった日本政府の従来見解との整合性も問われることになる。

 日米は2005年2月、在日米軍再編の前提として合意した「共通戦略目標」の中で、中台問題の平和的解決を目指す一方、アジア太平洋地域で「日米に影響を与える事態に対処するための能力を維持する」と明記。

 中台有事をにらんだ対処計画は、この戦略目標を具体化する動きで、背景には台頭する中国への米国の根強い警戒感がある。

 関係筋によると、日米は台湾の独立宣言、中国側からの武力行使など複数の可能性を研究。その上で、周辺事態法を柱とする日米防衛協力新指針(ガイドライン)関連法に基づき、補給、輸送、修理、医療などの「後方地域支援」に加え、(1)米兵らを対象にした「後方地域捜索救助」(2)船舶検査活動(3)在外邦人救出活動‐が検討されるとみられる。

 日米の外交、防衛当局者が在日米軍再編に関する06年10月の協議で、中台有事における軍事協力の可能性を検討することで一致。まず対処計画の前提となる有事シナリオ研究から始める段取りで、首相官邸の了承を得たという。

 ただ、米側が中台有事に絞った検討を期待し、外務省も同調しているのに対し、防衛庁は尖閣諸島や沖縄などへの日本有事に波及する事態を含む包括的な計画の研究を想定。両政府内で位置付けに食い違いがあり、調整は難航しそうだ。
[PR]
by sakura4987 | 2007-01-04 07:56

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987