★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆北朝鮮の対ロシア債務、8割まで帳消しに (朝鮮日報 07/1/5)



http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2007/01/05/20070105000020.html

 北朝鮮のロシアに対する債務80億ドル(約9522億円)のうち、ロシア側が原則として80%まで帳消しにすることで意見を集約したことが、4日に分かった。

 モスクワの外交消息筋は「先月17日から22日まで、ロシアのセルゲイ・ストルチャク財務次官と、北朝鮮のキム・ヨンギル財務次官の間で行われた債務をめぐる交渉で、このような方向で意見を集約した。

 北朝鮮は債務の大部分を帳消しにしてほしいと要望しており、具体的に帳消しにする額や、残る債務の償還の方式については、外交チャンネルを通じて協議し、ロシアと北朝鮮の経済共同委員会が開かれる3月までには交渉を終えることとした」と伝えた。

 1960年代以来、北朝鮮が発電所や工場の建設のために旧ソ連から融資を受けた総額は38億ルーブル(約171億円)に達するが、今回の交渉でロシア連邦外国貿易銀行(VTB)と北朝鮮の朝鮮貿易銀行は、利子や為替レートの変動幅を考慮し、1ルーブル=2米ドルとして、全体の債務額を80億ドルとすることで合意した。

 消息筋は「債務の償還なくして北朝鮮との新たな経済協力は不可能だ、という立場を堅持してきたロシアが債務の帳消しに同意したのは、北朝鮮の負担を軽減し、北朝鮮を韓国・ロシアとの3カ国間の経済協力や、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議のテーブルに導こうという意図が大きい」と語った。

 ロシアは北朝鮮との外交にも積極姿勢で臨んでいる。ロシア産業エネルギー省は、極東地域の余剰電力を韓国と北朝鮮に供給する事業に関し、先月20日に韓国側の事業実施機関を選定するよう要請している。

 ある消息筋は「韓国の資本で電力不足にあえぐ北朝鮮を支援しようという意味だ」との見方を示した。ロシアはまた、6カ国協議の次期首席代表にアレクサンドル・ロシュコフ前駐日大使を任命する予定だ。

 ロシュコフ前大使は2003年、北朝鮮が核拡散防止条約(NPT)から脱退したのを受け、プーチン大統領の特使として北朝鮮を訪問し、金正日(キム・ジョンイル)総書記と会談した。

 また、プーチン大統領と金総書記による首脳会談が行われた際に通訳を務めたスヒーニン外務省副局長を駐北朝鮮大使に任命し、今月20日ごろ平壌に派遣することとしている。
[PR]
by sakura4987 | 2007-01-06 13:59

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987