★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆イラン、高濃縮前のウランを核弾頭50個分貯蔵 (日経 07/1/5)



http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070105AT2M0402H05012007.html

 4日のイラン学生通信によると、同国のアガザデ原子力庁長官は濃縮ウラン製造に使う六フッ化ウラン(UF6)の貯蔵量が250トンに達したと表明した。

 核弾頭50個分の高濃縮ウランが製造可能な量で、昨年11月上旬の約1.5倍に相当する。イランがウラン濃縮を軸とする核開発を急ピッチで進めていることを裏付ける情報といえる。

 長官はUF6製造について「これはイラン独自の技術で、制裁では制限されない」と言明。

 国連安全保障理事会が先月に採択した対イラン制裁決議を拒み、核開発を推進する姿勢を誇示するとともに「信頼醸成の用意はある」と訴え、核問題の打開へ国際社会との協議再開を求めた。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆シーア派への支援「イランが拡大」・反体制派が政権批判 (日経 07/1/6)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20070106AT2M0601C06012007.html

 イラン反体制派組織の国民抵抗評議会(NRC)元幹部のアリレザ・ジャファルザデ氏は5日、米ワシントンで記者会見し、イラン政府がイラクのイスラム教シーア派民兵組織への武器や資金の供与を最近大幅に増加させたと主張。

 民兵組織を通じてイラク駐留米軍への攻撃を激化させるとともに、スンニ派との武力抗争をあおっているとして、イラン政府を批判した。

 同氏は2002年に、イランの核開発疑惑を初めて暴露したことで知られる。

 同氏によると、民兵組織への支援を実施しているのはイラン革命防衛隊で、イラク中部のシーア派の聖地ナジャフに文化施設を装った拠点を設けている。この施設は、同国のシーア派最高権威シスタニ師の事務所から100メートル足らずの場所にあるという。
[PR]
by sakura4987 | 2007-01-07 08:06

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987