★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆軍事評論家、高井三郎氏が核武装論者らの過度な楽天主義に警告



 日本が核保有となれば、12隻のSLBM搭載型原子力潜水艦が必要。

****************************************

 知る人ゾ知る、日本の防衛論壇で、きわめて精巧な国防論を展開する人に高井三郎氏がいる。

 保守論壇では核武装華やかなりし昨今だが、保守論壇の一部にはびこる「明日にでもできる日本の核」論議ほどシロウトの視野狭窄に陥っていて、むしろ危険がある、という。

 まず敵が発射する核ミサイルは数分で日本に届くため、現行防衛体制では防御不能であることは火を見るより明らか。
トマホークもそれほど有効ではなく、技術および予算、戦術面から考慮しても、日本の核武装は、容易ならざる作業であるという。

 巡航ミサイルの整備や核実験を経ての実戦配備には、日清戦争のときにロシアの脅威にそなえるために全官吏が月給の一割を返上して、新型艦艇を建造したような決意と気概が必要である。
いま、政治家、官僚をみていて、そんな気概があるのか。

 米ソ冷戦時代をへて核抑止力理論は性格が変貌し、地下深いサイロに収納されるようになった。
同時に核基地を守るためである。
核基地そのものが防御基地化、その地下深度は100メートル以上、平均250メートル。なかには500メートル地下に核ミサイルを収納した基地を含め世界に一万箇所の核兵器サイロがある。


▼敵の核戦力を破壊できる方法とは?

 これを破壊するには通常TNT火薬は役に立たず、核爆発しかない。
中国、露西亜の近年のミサイル開発は、米国の地下サイロ攻撃を限定的に想定して、むしろ政治目的の演出におかれているようでもある、と高井氏は指摘する。

米国はB52戦略爆撃機から9000キロトン級の四噸爆弾ならびにB53を開発した。
97年にはF16搭載可能雄な新型爆弾を完成したが、50発しか配備されていない。
したがってブッシュ政権は「イラン、北朝鮮、中国を念頭におく」新型爆弾開発予算を議会に要求した。

イスラエルは非核炸裂特殊鋼製の弾殻を開発しており、厚さ70メートルの鉄筋コンクリート掩蓋の破壊を目指している(つまり、これが完成しない限りイラン奇襲空爆は有効ではない)。

もっかのところ「爆撃機からの核爆弾投下が地下施設を破壊できる唯一の手段」。だが、しかし米国とて、「備蓄弾数の制約上、攻撃可能な目標は50にとどまる」という。


▼日本が開発する可能性を検討する前に

日本に既に標準をあわせた中国の核戦力は、瀋陽軍区に配備のMRBM東風3(射程、2790キロ、液体燃料ロケット)が18発。
くわえて東風21(固体燃料ロケット、射程1770キロ)が9発。
合計27発。これらは洞窟を深く掘った地下基地に秘匿されており、北朝鮮もそれにならって陣地の構築がなされていると想定される。米国の偵察衛星も、正確な場所を把握しているのか、どうか。

これらを日本が、もし核武装して、破壊するに必要な最低限度の核兵器は対中国向けだけでも38発が必要。
すべてが命中してという話である。
北朝鮮が分散配備してトンネルなどに隠している現実を加味すると、これらを含めるとすれば合計146発が必要になる!

さてさて日本が核武装して、これらを秘匿して配備できる場所はあるのか。
楽天主義な核武装を説く人達は、このことを軽視して議論をすすめているが、なにしろ原発建設だけでも、旧社会党やら共産党が組織して、あれだけの反対がある日本で、しかも国家機密が殆どないに等しい日本で、核兵器をたとえ開発しても保管場所は、おそらく海上しか考えられない。

だとすれば原子力潜水艦搭載型のSLBMが最も有効なのである。
射程2000キロから3000キロの新型SLBMを16発ずつ搭載できる原潜は排水一万噸、これが最低十隻が必要。
このためには膨大な人員、経費ならびに長期に亘る研究開発が必要である。

 象徴的に二つ、三つの核弾頭をもったところで、中国の巨大な核戦力を前になんの意味もない。
巷に拡がる核論議は、熱意はともかく、プロから言えば危険だと高井氏は鋭く警告しているのである。
[PR]
by sakura4987 | 2007-01-10 12:31

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987