★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆安倍首相「自衛隊ためらわず派遣」 NATOで講演 (中国 07/1/13)



http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200701130076.html

 欧州歴訪中の安倍晋三首相は十二日午前(日本時間同日午後)、ブリュッセルで開かれた北大西洋条約機構(NATO)理事会で日本の首相として初めてスピーチし、アフガニスタンの安定など世界的な諸課題の解決に向け、日本とNATOの連携強化を進める方針を表明した。

 また、防衛省発足で、自衛隊の海外派遣が本来任務となったことを踏まえ、「国際的な平和と安定のためなら、自衛隊の海外活動をためらわない」との考えを強調した。

 首相がNATOとの関係強化を打ち出したのは、東アジアの安全保障問題にNATOの関心を引き付け、国防費が急増する中国や北朝鮮問題に、NATOと協力して対応したいとの狙いもあるとみられる。一方、自衛隊の海外派遣をめぐる積極姿勢に対しては、論議を呼ぶ可能性がある。

 首相は日本とNATOの関係について「これまで以上にお互いの能力を発揮して共に行動すべきだ」と強調し、外相や防衛相レベルの定期的な協議を提案。NATOが重視するアフガニスタン支援に関し、

 (1)初等教育、医療・衛生分野でNATO地方復興チーム(PRT)との協力強化

 (2)治安分野の支援強化

 (3)アフガニスタン政府の国境管理能力強化支援-に取り組む意向を示した。

 自衛隊の海外派遣をめぐっては、随時派遣を可能にする恒久法制定を念頭に「一般的な法的枠組みを含め、国際平和協力の最適な在り方を議論している」と訴えた。

 中国の現状にも言及し「急速な国防費の増大、透明性の欠如など不確実性が中国を取り巻いている」との懸念を表明。

 北朝鮮による拉致問題については「欧州諸国も関係する重大な基本的人権のじゅうりんだ」と指摘、日本の立場へ支持を要請した。

 核問題では、国連安全保障理事会の制裁決議に触れ、NATO加盟国が早急に具体的措置を実施するよう求めた。
[PR]
by sakura4987 | 2007-01-16 08:22

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987