★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆【美しい心のかたち】(上)京都大学大学院教授・中西輝政氏



 (産経 07/1/12)

 ■改革・伝統を両輪として

 物質的な価値と精神的な価値の総合に失敗したために、文明としての日本、あるいは日本人としての生き方そのものが崩壊してきています。その結果、いくつかの危機が起こっている。

 安全保障。少子化や地域社会の崩壊といった社会の活力の衰弱。モラルや教育の崩壊、性風俗の乱れといった精神的価値観の危機。

 「美しい国」とは、日本の大事な選択をひとことで表したキーワードだと思います。物質的価値だけで生きてきた戦後日本が大きな問題でした。モノへの欲望のバランスを取らせるのは、やはり精神的な価値です。

 天谷直弘さん(故人、元通商産業審議官)がおっしゃっていることですが、「腹いっぱい食べられるようになった段階で、なお食べることしか考えないとしたら、その人は豚と大差がない。金持ちになったら、その段階で金儲けを超える『価値』を考えなければならない。…私は、『真・善・美』という三つの『価値』のうちで、最も人間にわかりやすいのは『美』だと思っている」と。

 日本人という民族は、美醜の感覚が研ぎ澄まされ、どの国にも負けない。これは明治の開国以来、日本に来た欧米人が書き残しています。

 たとえば道徳にしても、欧米やイスラム圏、あるいはアジアの人たちも「~すべし」「~すべからず」という。戒律です。ところが多くの文明論者が指摘したことですが、日本人は違う、モラルを美醜で一瞬にしてとらえる、と。

                  ◇

 日本人が精神的価値を見直すとは、どんな日本人でも鋭く持っている「美的なもの」への感覚を取り戻すことです。これが、モノ・カネ以外に大切なものがあるという日本人の生き方に結びつく。

 うそや腐敗、堕落があってはいけない、約束を守らなければならない、人を陥れてはいけない-それは美という感覚から生まれるのです。「美しい国」とは、常に日本再生の大切な切り札です。

 古代からそうです。奈良に都を移して日本は少しおかしくなる。自然を破壊し大規模な造営をくり返すと、日本人の心はすぐに崩れてしまうからです。

 それを再生して日本の心の原点を見直そうというのが、万葉集の編纂(へんさん)を促した大きな力です。美意識からこの国を再生していくというのは、日本文明再生の基本的な構図です。

 「和魂洋才」は明治の近代化のキーワードでした。明治が輝いた時代といわれるのは、和魂と洋才のバランスが絶妙だったからです。和魂とは、大和魂とか国家主義ではない。心の美意識に忠実に自分の人生を生きていこうという生き方です。

                  ◇

 景観でいえば、戦後の高度成長で日本はすっかり醜い国になってしまった。それを取り戻すことはいま国家として大変大事な目標です。一本調子で進歩を求めるのが戦後日本の生き方でした。しかし進歩一辺倒では必ず活力が根底から枯渇する。

 ちょっとでも新しいもの、違うものだけを求めていると「何が新しいのか」さえわからなくなる。われわれの心のなかにも、日本の国土のなかにも、進歩という一辺倒の行き方ではない部分を作っておかないといけない。それがバランスをとるということです。

 国土でいえば農村であり農業です。農業を守るということは、進歩と伝統のバランスがとれた国づくりということにかかわるのです。いま日本人の多くは農業の回復を心から望んでいます。

 イギリスの例ですが、世界に先駆けて産業革命をやり、世界の工場といわれた。しかし19世紀の終わりくらいに気がつくと、国土が本当に荒廃していた。そこで国土回復運動が起こる。

 いわゆるナショナル・トラスト運動は100年前に起こります。現在の農村の、あの波打つ海原が続くような緑の景観が生まれるのは20世紀に入ってからです。

 近年のサッチャー改革は、経済政策だけをみればマーケット至上主義です。それをイギリス人が受け入れられたのは、併行して農村回復運動のような伝統回帰の大きな潮流があったからだということは、多くの人がいっています。

                  ◇

 構造改革や地方分権改革をするとき、「伝統回復」の趨勢(すうせい)とそれらが車の両輪になっていないと、政治的に成功しません。

 これ以上、地域共同体を崩壊させたり、優勝劣敗的な経済原則だけが一方的に広がっていく流れに、日本人は耐えられないのです。

 日本に即した改革を考えなければならない。安倍政権にとって、改革路線の継続はいいとしても、モラルの改革、精神面の改革という課題が一番大事ではないでしょうか。
[PR]
by sakura4987 | 2007-01-16 08:26

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987