★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆韓国と中国にみる自殺の状況 (HP「世界の高齢者 07/2/24)



http://www.koreisha.com/07.02image/n02.24.html 

 韓国では最近芸能人たちの相次ぐ自殺で、社会に衝撃を与えている。

 韓国の自殺による死者は、2000年の6,460人から2005年の1万2,047人と、5年で2倍近く増えている。

 最近の10年間では、高齢者と失職者などの自殺が大きく増え、60才以上の自殺は10年ぶりに4倍以上増加した。また景気低迷で失業した40代の自殺者も2.4倍に増えている。10万人あたりの自殺者数は 26.1人。

 その結局、自殺予防協会では「自殺予防教科書」を発刊するのに至った。

 韓国「SBSニュース」(07.2.15)によると、「自殺予防教科書」は、自殺を試みる人の兆候を記して、周囲の人の注意を喚起させている。

 死や死後世界に対して関心をもつ、急に宗教に帰依する、長距離旅行をするなどの行動は、自殺を試みる者の90%が見せる兆しという。

 中国での自殺は、中国心理衛生的協会の資料によると死亡原因の5番目。中国の年間の自殺による死者は28.7万人、10万人あたりの自殺者は23人、自殺死亡者は全死亡者の3.6%を占めている。

 女性の自殺率は男性より25%高く、農村の自殺率は都市の3倍高く、農村の老人の自殺率は都市の老人の5倍以上という中国独特の特徴をもっている。(「中国中医神経網」06.7.22)

 中国人民公安大学教授の説では、中国では毎年年間25万人が自殺で死亡しており、自殺未遂は200万人という。2分に1人が自殺で死に、8人が自殺未遂という計算になる。

 中国の自殺者の特徴は、農村の自殺率が都市よりも高い。女性の自殺者が男性より多い。自殺者は農薬あるいはネズミ薬を服用するということがいえる。(中国「法律と生活」2006年11月)
[PR]
by sakura4987 | 2007-03-04 07:07

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987