★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆朝鮮総連の音楽堂使用認める 東京地裁決定 (朝日 07/2/28)



http://www.asahi.com/national/update/0228/TKY200702280203.html

 在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が3月3日に東京都千代田区の都立日比谷公園大音楽堂(野外音楽堂)で予定していた集会の使用許可を東京都側が取り消した処分に対し、総連側が処分の効力停止を申し立てた問題で、東京地裁(杉原則彦裁判長)は28日午前、処分の効力を停止し、音楽堂使用を認める決定をした。

 都側は即時抗告する方針だ。

 都の指定管理業者が右翼団体から、集会開催に対する抗議を受けたことなどから、都側は26日、「大きな混乱が予見され、公園管理に支障が生じる」との理由で使用許可を取り消した。

 総連側は27日、管理業者を相手取り、都側の使用許可取り消し処分の効力停止を求める申し立てと民事訴訟の提訴を地裁にしていた。

 杉原裁判長は「混乱が、客観的に明らかに予測されるとは認められない」として、訴訟の判決確定まで処分の効力を停止すると決定した。

 朝鮮総連側は3日に5千人規模で集会を開いた後、音楽堂を出発点に霞が関周辺の路上をデモ行進する計画。28日の地裁決定を受け、総連側は同日、デモ行進のための許可を都公安委員会に申請した。




建設局公園課に 激励の電話を!!

03-5321-1111(代表)公園課


★公園緑地部管理課事業普及係

TEL:03-5320-5365


★東京都知事へのご意見先

FAX:03-5388-1233

メール:http://www.metro.tokyo.jp/SUB/contact.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆朝・日京都学生の有志 不当弾圧、人権蹂躙を反対して抗議デモ

 (朝鮮新報 07/2/28)

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/02/0702j0228-00002.htm

「過熱する弾圧、許されない」 「3日に団結を再確認したい」

 朝・日京都学生の有志たちが在日朝鮮人に対する不当弾圧、人権蹂躙に反対して2月25日、抗議デモを行った(写真)。

 各地で総聯機関や商工会および朝鮮学校に対してまで、警察当局による尋常ではない不当な強制捜索が連続している。あからさまな不当な政治弾圧に対し学生として声をあげなければいけないと、約40人の有志たちが三条大橋河川敷から河原町通、四条通を回り京都市役所までデモ行進した。

 京都学生有志らによるデモ行動は12月に続き今回が2回目。「年が明けても弾圧は治まるどころか、さらに過熱している。許されることではない」と朴利明さん(京都大学)は憤りをあらわにする。

 朴さんが指摘するように、「法の厳格適用」という名の下、「薬事法違反」や「電磁的公正証書原本不実記載」などの「微罪」に引っかけて、直接関係のない総聯機関などに対して大々的に強制捜索が行われており、明らかに政治的意図を持って行われているといわざるをえない。

 デモ隊は、「国家的『イジメ』をやめろ!」「朝鮮学校生徒への暴行、暴言、日本学校に通う在日朝鮮人学生へのいやがらせをやめろ!」と叫びながら、強硬一辺倒の「制裁」を反対し、奪われようとしている権利の回復を、観光客など多くの日本市民に訴えた。

 デモ行動中には1200枚のビラを配布、多くの市民に不当弾圧の実態を知らせた。しかし、ビラを配りながら山根実紀さん(龍谷大学)は昨年12月の行進時とは違うある変化を実感していた。「露骨に拒否する人が増えている」。

 メディアの無責任な報道による偏見の増長、右傾化の象徴とも取れる。

 それでも山根さんは「同じ日本人として訴えていくことが大事だと思う。大阪、兵庫など近畿圏でのネットワークを広げていきたい」と話している。

 留学同京都の金賢一委員長は「今後も各大学を拠点に、学生、教授らに不当性を広く訴えていく。今やるべきことをしっかりと見据え3日の近畿地方大会を、団結を再確認する場にしたい」と決意を固めている。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


◆3月3日(土) 

 東京と兵庫で日本当局に対する糾弾集会 民族的怒りを胸に参加しよう

 (朝鮮新報 07/2/23)

http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2007/02/0702j0223-00001.htm

 既報のように、朝鮮に対する独自の「制裁」にさらに拍車をかけている日本当局は、総聯組織と在日同胞に対する不当な政治弾圧と人権蹂躙に狂奔している。

 2005年10月から2007年2月の間だけをみても、警察当局は4つの総聯本部と2つの総聯支部、5つの商工会、1つの学校と団体への強制捜索を行い、13人にものぼる活動家と同胞を逮捕するという暴挙に出た。

 日本当局のこのような常軌を逸した策動を糾弾するため、3月3日、東京・日比谷公園大音楽堂と兵庫・神戸東遊園地でそれぞれ抗議大会が行われる。


■許されざる冒とく ファッショ的暴挙

≪JR京橋駅でビラを配る西日本地方青商会の会員ら≫

 漆間警察庁長官が「北朝鮮を日本と交渉する気にさせるのが警察庁の仕事。そのためには北朝鮮の資金源について事件化し、実態を明らかにするのが有効だ。北朝鮮が困る事件の摘発が拉致問題の解決に近づける。そのような捜査に全力を挙げる」との妄言を吐いたのは周知の事実だ。

 長官の「指令」のもと、全国で大々的に行われている総聯機関への強制捜索は、総聯があたかも「犯罪組織」であるかのようなイメージを故意に作り上げ、民族排外主義の風潮を煽り、総聯と在日同胞を政治的に弾圧しようとする点に意図があるのは明らかだ。

 朝鮮外務省スポークスマンが19日に発表した声明でも強調しているように、在日朝鮮人は過去、徴兵や徴用、「慰安婦」などさまざまな名目で強制的に日本に連行され、あらゆる略奪と搾取、奴隷のような苦役と屈従を強要された直接の被害者とその子孫であり、日本当局は歴史的にも道義的にも当然保護してしかるべきである。

 にもかかわらず弾圧を繰り返しているのは、在日同胞に対する許されざる冒とくであり、ファッショ的な暴挙である。

 先に行われた6者会談の合意が示すように、朝鮮半島を取り巻く情勢は好転しており、日本の対朝鮮強硬路線はすでに限界に達しているとの指摘が多い。

 日本当局への民族的怒りをもって、東京と兵庫で行われる大会とデモ行進、各地で行われる抗議活動に一人でも多くの同胞が参加し、組織と権利、学校と学生たちを守り抜くという団結した力を示そう。


■各地でさまざまな抗議活動

≪不当な政治弾圧に反対し最後までたたかうことを誓う参加者ら(17日、西日本地方青商会代表者会議)≫

 日本当局のたび重なる総聯組織と在日同胞に対する政治弾圧を糾弾するさまざまな抗議活動は、現在も各地で活発に行われている。

 西日本地方の青商会代表者集会が17日、大阪の森ノ宮ピロティーホールで行われた。

 一連の強制捜索に対する正確な情報の共有と、抗議行動など今後の対策を討議する目的で行われた集会には、兵庫、大阪、京都、滋賀、和歌山、三重をはじめ、広島、岡山、愛知、岐阜などから約50人の代表と関係者らが参加した。

 集会ではまず、滋賀朝鮮初級学校と兵庫県商工会、総聯兵庫県本部に対する強制捜索の映像が流され、あらためて参加者らは警察の横暴に対する抑えがたい怒りをあらわにしていた。

 続いて、青商会中央の鄭致元会長があいさつ。青商会の時代的な使命として同胞社会を最後まで守り抜こうと訴えた。

 集会では、滋賀朝鮮初級学校の尹日和校長らの現況報告に続き、警察当局が強制捜索の口実としている「税理士法違反」容疑に関する説明がなされた。

 また、一連の強制捜索の不当性と今後の法的対抗策について語った金舜植弁護士は、「今回の一連の事件は、全てが法の逸脱適用によるものと言えるもので、国家賠償請求などの訴訟を起こすことで大きな世論化につながる。大切なことはわれわれの断固とした、たたかう姿勢だ」と強調した。

 集会では、①一連の弾圧事件を会員らに正確に伝える、②法廷闘争のための資金として、200万円を目標に募金活動を行う、③滋賀初級への不当な強制捜索をとくにクローズアップし、国会議員やマスコミをはじめ、広く日本社会に訴え世論化する―などの提案がなされたほか、3月3日に東京と兵庫で行われる糾弾集会に1000人の会員を参加させることで合意した。

 集会に先立ち、参加者らはJR西日本・京橋駅前で街頭宣伝を行い、今回の政治弾圧の不当性を訴えた。

 一方、神奈川中北支部の朝青員らは18日、総聯と女性同盟支部の同胞らと共に小田急大和駅前で緊急行動を行った。

 朝青員らは、日本当局による不当な弾圧により、朝鮮学校に通う生徒、児童らへの暴行事件が後を絶たない事実や、差別是正は国際的な要求であることを広く訴えながら、約600枚のビラを配った。

 朝青支部の裵賢徹委員長は、「ここで負けるわけにはいかない。1世が血と汗で守ってきた同胞社会を私たちの世代が守っていかなければならない」と力強く語った。
[PR]
by sakura4987 | 2007-03-04 07:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987