★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆拉致問題でテレビ広告/15日から全国の民放で (四国 07/3/9)



http://www.shikoku-np.co.jp/national/political/article.aspx?id=20070309000245

 政府の拉致問題対策本部は9日、北朝鮮による日本人拉致問題の解決を目指す姿勢をアピールするため、テレビのスポット広告を、15日から半月間実施すると発表した。

 政府が拉致問題でスポット広告を行うのは初めて。費用は2006年度補正予算で認められた約1億500万円。

 全国114の民放地上波局で放送される。15秒版と30秒版の2種類で、拉致被害者の画像などをバックに「家族を、人生を、奪い去った、北朝鮮による拉致。すべての拉致被害者を、日本は必ず取り戻す」といったナレーションが流れる。



◆[調査会NEWS 481](19.3.9)

■1億500万円  荒木和博

 読んで思わず口をついた言葉は「アホか」でした。関東人ですから、「馬鹿か」となるのが普通でしょうが、これには「馬鹿」より「アホ」の方が適当なように思います。事
務所の中でもひとしきり失笑と怒りと失意の声が渦巻きました。「こんな発表をして、私たちが脱力して活動できないようにしようとする高等戦術か?」とすら思いました。

 別にこっちが支援を返上したから言うのではありません。1億500万もあるなら政府の中でもはるかにましな使い方はあるはずです(これについては真鍋専務理事が戦略情報研究所ホームページの中の「情報地雷原」に書いていますのでご一読下さい。http://senryaku-jouhou.jp/jiraigen.html)。

 少なくともテレビのニュースからワイドショーまで、毎日のように拉致問題が流れているときに、あえて政府が税金を使って日本国内でテレビコマーシャルをやる必要はありません。広告代理店をもうけさせるだけです。

 それにしても、1億500万使ってコマーシャルをやるなどと、誰が考えたのでしょうか。しかも毒にも薬にもならないような内容で。開いた口がふさがらないとはこのことです。
[PR]
by sakura4987 | 2007-03-11 08:54

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987