★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆労働経済白書 働き方に応じた成果配分の実現を (産経 07/8/3)



http://www.sankei.co.jp/keizai/kseisaku/070803/ksk070803003.htm

 厚生労働省は3日、平成19年版労働経済白書(労働経済の分析)を発表した。企業業績が回復する一方、非正規社員の低賃金や正社員の長時間労働が深刻化するなど、働き方の問題から社会全体が疲弊していると指摘。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を図るとともに、業績向上の成果を賃金や労働時間短縮(時短)の形で労働者に分配することが経済成長の持続には重要と訴えた。


 白書では、かつては賃上げや時短にも配分されていた企業業績向上の成果が、最近は株主への配当や内部留保に回され、非正規社員を中心に賃金上昇につながっていないと指摘。


 また、若年層における非正規雇用の増加と正社員の採用抑制などの結果、長時間労働が深刻化している点にも言及。成果主義など自律的な働き方の普及に伴い、仕事の状況の把握が困難になったことも影響し、30~40代の男性正社員を中心にした特定の層に長時間労働が集中する傾向になっているとした。


 こうした問題が、国内消費の低迷や少子化などの要因になっていることから、働き過ぎの是正策などワーク・ライフ・バランスに役立つ環境整備を進めるとともに、「一人ひとりの働き方に応じた成果の配分を実現することが重要」と強調した。


 とくに成果配分については、従来の「春闘」方式の抜本的な見直しが避けられないとして、労使間での真剣な議論を求めた。
[PR]
by sakura4987 | 2007-08-14 12:28

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987