★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆最大級の「ヘリ空母」進水式 名は「ひゅうが」 (朝日 07/8/23)



 http://www.asahi.com/national/update/0823/TKY200708230304.html


 海上自衛隊の戦闘艦としては最大となるヘリコプター搭載護衛艦(DDH、全長197メートル、基準排水量1万3500トン)の命名・進水式が23日、横浜市の造船所であった。宮崎地方の旧国名にあたる「ひゅうが」と名付けられた。09年3月に就役予定。



 潜水艦を捜索する哨戒ヘリコプターを効率よく発着させるため、艦橋を右舷に寄せ艦首と艦尾を全通甲板でつないだ外観は「ヘリ空母」そのもの。機体を艦内に収容する2基の大型エレベーターも造られる。



 防衛省は、近く退役する2隻のDDH(基準排水量約5000トン)の後継として04年度に同艦の建造を計画。従来艦と形状は大きく変わり、排水量は3倍近い巨艦となった。



 護衛艦が搭載するヘリはこれまで最大3機だったが、ひゅうがは通常4機を積み同時発着できるほか、最大時には11機を収容できる。



 政府は88年に「攻撃型空母の保有は許されない」とする見解を表明しているが、防衛省は「攻撃型にはあたらない。大規模災害など多様な事態に対応できる護衛艦にあたる」としている。
[PR]
by sakura4987 | 2007-08-25 15:25

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987