★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆ソ連軍の満州略奪、生々しく-米国立公文書館や議会図書館



 (世界日報 07/8/18)


米調査団撮影の写真が大量に


 一九四五年(昭和二十年)八月九日に満州(現中国東北部)に侵攻したソ連軍が繰り広げた略奪の傷跡を生々しく記録した珍しい写真多数が米国立公文書館や議会図書館に保管されていることが、浅野豊美・中京大教授(東アジア国際関係史)の調査で分かった。写真には工場設備や工作用機械が根こそぎ撤去された在満日本企業の無残な姿が写し出されている。



 この写真は終戦後間もない四六年五-六月、当時のトルーマン米大統領によって派遣されたエドウィン・ポーレー特使率いる対日賠償調査団が満州を視察した際、随員によって撮影された。



 浅野教授は「ポーレー特使は、日本本土の金属・化学・機械工業設備を賠償として中国に移転するとともに、満州の重工業設備を使って中国の急速な近代化を実現する構想を持っており、中国側の期待が高かったことも写真から分かる。しかし、ソ連軍の破壊によりその構想は不可能になり、写真はその衝撃を伝えるためにも撮影されたようだ」と話している。



 調査団報告書は、ソ連軍の略奪による損害は当時の米貨で約二十億㌦という莫大(ばくだい)な金額に上ると試算している。
[PR]
by sakura4987 | 2007-08-25 15:33

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987