★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆ワシントン・古森義久 柔道にみる日本の主張



 (産経 07/9/22)


 リオデジャネイロでの世界柔道選手権で日本選手への判定が論議を呼んだことを知って、日本にとって柔道も外交も同じだなと感じながら、かつて自分がワシントンからリオに飛び、柔道取材をした体験をつい想起した。1978年11月、たまたま今回と同じリオでの第5回世界学生柔道選手権だった。当時、毎日新聞のワシントン特派員だった私は学生時代に自分も柔道に励んだことから、とくにこの取材を志願した。



 それまで政治や事件ばかりを担当してきたので、初めての柔道試合報道だった。



 この大会にのぞんだ日本代表たちはすでに全日本チャンピオンだった山下泰裕選手を軸に無敵の大学生チームにみえた。だが団体戦では初の敗北を喫してしまった。対ソ連戦の一試合での審判の奇妙な判定が全体の勝敗を分けたのだった。日本の道場選手対ソ連のカボウリアニ選手の試合だった。



 カボウリアニは立ったままの姿勢から強引な腕ひしぎ十字固めで道場のヒジを攻め、場外へともつれ出て、審判が「待て」を宣しても攻撃をやめなかった。その結果、道場はヒジを負傷して、試合を続けられなくなった。審判は道場の負けと判定した。だがカボウリアニは「待て」を無視して攻撃を続けたのだ。日本側は当然、カボウリアニの反則負け、最大限、譲っても引き分けだと主張した。日本柔道はもうこのころから不可解な判定に悩まされていたのである。



 このときの日本の監督がかの有名な神永昭夫氏だった。神永監督は正面からこの判定に抗議し、撤回を求めた。運営側はその抗議を英文の書面ですぐ提出することを要求した。すると、神永監督はすたすたと記者席の私のところに歩いてきて、「いまから私の抗議の口述を英訳してください」と告げた。私の大学柔道歴や米国駐在を知っていての注文だった。柔道を経験していて神永氏の要請を断れる人間はいなかった。私は報道業務を一時中止して、必死で和文英訳に取り組んだ。



 文書で出された日本の抗議も結局はいれられなかった。だが抗議の事実と内容ははっきりと記録に残った。曲がりなりにも日本の対外発信はここで公式に認知されたのである。



 さてそれから29年、またも奇妙な判定が日本の柔道を激しく揺さぶった。井上康生、鈴木桂治両選手がそれぞれ相手を投げたのに、倒れた相手に引きずられ、振り回されて倒れ、負けを宣せられたようにみえた試合の判定である。



 まず判定の適否をそれら試合を目前にみた専門家たちに国際電話で聞いてみた。全ブラジル柔道有段者会の関根隆範副会長(六段)は「両試合とも日本選手が勝っていた」とためらいなく答えた。日本の大学柔道出身とはいえ、ブラジルで長年、柔道を指導した関根氏は国際規則にも詳しいが、「審判員の能力に問題があり、技を最初に仕かけた側が相手を投げた動きと、相手の投げられた後の動きとをきちんと識別できなかったのだと思う」と述べる。



 日本からリオに出かけた全日本学生柔道連盟の植村健次郎副会長(六段)も「井上、鈴木両選手とも最初に技をかけ、相手を倒したのに、畳に最後に背をつけた側が負けという判定だから、いくら返し技重視の国際傾向といっても、審判技術の稚拙さというほかない」と語り、日本側の勝ちだとの判断を強調した。



 だがそれでも日本選手の敗北という判定結果は揺らがない。試合場では審判団はビデオまでみて、選手たちの動きを確認したという結論だった。



 しかし井上、鈴木両選手とも判定は絶対に間違いだとして、試合場を去らずに抗議のジェスチャーをかなりの時間、続けた。日本選手の行動としては異例だった。それほど判定は認め難かったのだろう。だが日本選手団がコーチらを通じて正式に抗議をしたという形跡はない。この点、前述の関根氏は「日本として徹底的に正式の抗議をすべきだった」と述べる。植村氏も「抗議だけでなく審判員の質や能力、そして審判規則のあり方まで日本が日ごろ発言し、主張をぶつけておく必要がある」と訴える。



 要するに日本の対外発信だろう。柔道が日本から世界へと広がる過程で日本は長い期間、指導的役割を果たしてきた。というよりも自然と模範になり、柔道のあり方自体についてなにかを求めたり、訴えたりする必要は少なくてすんできた。ところが近年は柔道本来のあり方が他の諸国によって侵食され始めた。黙々と正道を歩めば、他者もわかってついてくるという態度では通用しなくなったのだ。



 だから個々の具体的部分だけでなく、全体の構造的な国際ルールづくりにまで発信や関与が欠かせなくなった、ということだろう。日本の柔道が抱えるこうした対外発信の課題は、日本の外交から国際社会へのかかわり方全体にまで共通している、と感じた次第だった。
[PR]
by sakura4987 | 2007-09-22 15:10

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987