★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆神奈川県が、現在検討中の自治基本条例素案に対する県民の意見を募集しています。

※以下のお願いが回ってきましたので、お知らせしますとともに、

 ぜひ反対の意見をお願い致します。

 しかし、何で行政や首長は、自らを縛る条例を制定しようとするのか、

 全く理解できません。



 自治基本条例の問題点は、下記の文章のような住民投票も問題ありますが、

 他にも、問題だらけです。



 簡単に言うと、すべての決定事項の前に住民に意見を聞くと言うのが、

 この条例のポイントの一つです。



 先日、視察に行ってきたところでも、

 体育館を取り壊そうとしたが、この条例を基にした住民の反対で出来なかった。

 というのがありました。



 今までは、行政や議会で決定した後に住民への説明で済んでいたものを、

 行って良いのか悪いのかの段階から、住民に意見を求めるというものです。

 ある意味、直接民主主義でもありましょうか。



 確かに、今まで行政の強引さもあったかもしれませんが、

 例えば、ゴミの最終処分場の建設など、ほとんど出来なくなるでしょう。

 決定も、ものすごく遅れることになり、

 行政が機能しなくなることもあるでしょう。



 視察先では、2年前に条例が出来たが、

 手順や方法が確立できないので、実行していないと苦笑いしていました。

 情報公開も、議会とほとんど同時期に公開せよという要求だそうで、

 行政側も、その煩雑さを嘆いていました。



 また、議会の軽視もはなはだしくなり、

 結局はプロ市民のやりたい放題になっていくものと思われます。

 もしかすると、予算などの、

 議会での決定事項にまで口を出してくるかもしれません。

 (議会、政治家側も反省する点はあると思いますが)



 私に言わせると、作る必要はないという意見だけでもいいと思います。



 どうか、この様な条例は制定されませんように、

 要望なり意見をお願い致します。




以下、転送します。//////////////////////////////////////////////////////



各位


 神奈川県が、現在検討中の自治基本条例素案に対する県民の意見を募集しています。



 自治基本条例は地方分権の流れに乗って、全国の市町村で制定の動きが強まっています。神奈川県でも大和市、川崎市、平塚市などで制定され、現在多くの市町村でも検討されています。



 この条例のポイントは、市民の「参加」「参画」「協働」というところにあり、「おまかせ民主主義」ではなくて、市民自らが市政や町政に積極的にかかわり、市民が主人公の自治を確立することにあると言われています。



 左翼の連中は、これを利用して、市政や町政に積極的に手を突っ込んで、自分たちの思うままに操ろうと画策しています。



 神奈川県も自治基本条例を制定することになり、「素案」に対する県民の意見募集を行っています。


 この中で、一番要注意なのは「県民投票」です。市町村でも「住民投票」が行われるケースがありますが、それの県民版です。県民が一定の署名さえ集めれば自動的に県民投票が認められるような制度になると、「原子力空母反対」「厚木基地撤去」「無防備都市宣言」というようなテーマの県民投票が行われる危険性があります。



 従って、県民投票実施のハードルを上げておく必要があります。


 そこで、以下の内容について、県へ意見提出をしていただきますようにお願いいたします。


 1.県民投票を実施するには県民の一定以上の署名の他に


    ①県下の全市町村が賛同したうえで


    ②テーマごとに条例として県議会の採決を得る


   ことを条件とする。



 2.投票資格は地方参政権を有する者に限ること。(外国人は対象外)



 3.テーマは県の権限に属するものに限ること。(国の権限や市町村の権限に属するものは対象外)



 以上の3点について県へ意見提出をお願いします。もちろん、他に気付いた点があれば追加してください。
 どうぞよろしくお願い致します。



 意見提出要領と条例の「素案」は以下の通りです。







◆「神奈川県自治基本条例(仮称)」素案に対する県民意見の募集について

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kouiki/jiti_jorei/public/public.html


 国に集中している権限や財源を地方自治体に移す地方分権改革が進み、自治体の自主性や自立性が高まり、地域のことは地域で決められるという姿へ向かっています。



 県では、これまでも県独自の取組みである情報公開制度の創設をはじめとし、皆さんの意思を反映した開かれた県政の運営に取り組んできましたが、これからは一層、皆さんの意思を尊重する自治体運営の仕組みをしっかりと整えていくことが大切になってきます。



 そのため、皆さんの意思と責任に基づいて、県政運営の基本的な理念や原則などを定めた自治のルールとなる「神奈川県自治基本条例(仮称)」素案をつくりました。



 今後皆さんからいただいたご意見を踏まえ条例案の検討を進めてまいります。



 皆さんのご意見をお待ちしています。



[意見提出要領]


意見募集期間

平成19年10月12日(金曜日)から平成19年11月22日(木曜日)まで



意見提出方法


ご意見は「神奈川県自治基本条例(仮称)素案について」と明記して次のいずれかの方法でお寄せ下さい。     

(1)手紙で

     〒231-8588 (所在地は省略できます)

     神奈川県 企画部 広域行政課 地方分権班    


※なお、郵送の場合は、意見募集パンフレットの専用はがきをご利用いただけます。     


 意見提出用はがきが付いたパンフレットは、県政情報センター、各地域県政情報コーナー、広域行政課などの県の施設や市区町村の窓口などにあります。



(2)ファクシミリで  045-210-8818



(3)Eメールで https://cgi.pref.kanagawa.jp/contents/form_mail/request_form.php



問い合わせ先:企画部 広域行政課 地方分権班

TEL:045-210-3147(直通)

FAX:045-210-8818




■「神奈川県自治基本条例(仮称)」素案

 更新年月日・2007年10月12日

 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/kouiki/jiti_jorei/soan/index.html
[PR]
by sakura4987 | 2007-11-03 13:58

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987