★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆嫦娥打ち上げ 日本の宇宙戦略が見劣りする



 (読売社説 07/10/29)

 http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20071028ig91.htm


 中国の宇宙技術は開発段階を終え、高水準に達している。

 中国が、長征3号Aロケットで、初の月探査衛星「嫦娥1号」を打ち上げた。

 日本も先月、月探査衛星「かぐや」を打ち上げている。「かぐや」は、すでに月周回軌道に入っており、分離した二つの子衛星とともに、月面観測などへ向けて最終調整の作業中だ。

 その日本からも、宇宙航空研究開発機構の幹部が観覧に招待された。

 共産党大会が終わったばかりだ。打ち上げを内外に公開することによって、国と党の威信を示す狙いだろう。2005年に有人宇宙船「神舟6号」を打ち上げた際も、同じように全面公開だった。

 あらかじめ知らせた日時に、確実に打ち上げを成功させていることは、技術的に注目される。

 中国の宇宙技術はすでに高いレベルにある。長征ロケットの打ち上げも、1970年から今年で100回を超えた。日本のH2Aロケットは、まだ13回だ。

 日本政府の担当者や宇宙機構幹部は以前から、中国の宇宙技術に冷ややかだった。嫦娥1号でも、「観測目標は『かぐや』とかなり似ているが性能は劣る」という内部資料を作成している。

 だが、そうした認識は疑問だ。

 中国の宇宙開発は急ピッチで拡大している。月探査は、今回の打ち上げを手始めに月面着陸や有人探査を目指す。有人宇宙船も高度化する。地上監視衛星、独自の全地球測位システム(GPS)衛星打ち上げも進めている。

 エネルギー資源が豊かなベネズエラ、ブラジル、ナイジェリアの通信衛星打ち上げを担い、資源確保の手段として利用している。フランスの通信衛星打ち上げを受注するなど、商業的にも成果を上げている。米国、ロシアを中心に日本も参加する国際宇宙ステーションへの参加にも意欲を燃やしている。

 衛星破壊実験を成功させるなど、宇宙の軍事利用も進めている。

 このまま、米露に並ぶ世界有数の宇宙開発国になる、という見方もある。

 日本は、大型のH2Aロケットを開発したものの、予算難もあって、今後、どんな衛星を打ち上げるか、といった具体的計画に乏しい。

 しかも、予算は、国際宇宙ステーションに関する経費が膨らむ中で、余裕がなくなりつつある。「このままでは、H2Aの技術維持も困難になりかねない」との声もある。

 日本の宇宙開発をどう進めるか。確固たる戦略を立てないと世界の宇宙開発利用から取り残される。
[PR]
by sakura4987 | 2007-11-03 14:00

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987