★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆ごまめの歯ぎしり メールマガジン版



衆議院議員河野太郎の国会日記


 政府が提出したテロ特措法の新法に反対している、あるいは疑問を持っている自民党議員は実は僕だけではない。



 防衛省(あるいは防衛庁)のトップを経験したような防衛族の親分衆は、国会承認を外すことに疑問を持っている。総務会の幹部だって新法には賛成ではない。が、法案が部会から政調、総務会と上がっていくにつれ、みんな物わかりがよくなってしまう。



 これが今の自民党の与党審査のガンである。



 政府は勝手に閣議決定をやればよろしい。そして与党側で意見があれば、きちんと国会の審議で与党側からも意見を言って修正すればよいだけのこと。



 新法は、国会承認を外したが、だからといって衆議院の再議決で可決成立させようという覚悟もないうちに法案を提出することになった。



 それならば、国会の事前承認を新法に盛り込んで、きちんと国会審議をするべきだ。



 民主党の前原副代表や長島代議士が、事前承認を盛り込んだ法案に反対できるはずがない。今回の新法など、彼らに反対の理由を与えるだけではないか。
[PR]
by sakura4987 | 2007-11-03 14:13

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987