★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆貧しい人に現金 米の街角に「秘密のサンタ」再び “本家”の遺志受け継ぐ



 (産経 07/12/21)


 26年間にわたって毎年12月が来ると街角で人々に現金を渡し続け、「秘密のサンタ」と呼ばれながら今年1月に亡くなった米ミズーリ州カンザスシティーの実業家の遺志を継ぎ、このほど新たな「秘密のサンタ」が登場。クリスマスシーズンを迎えた米国に温かい話題を提供している。



 「秘密のサンタ」を続けてきたのは実業家、ラリー・スチュワートさん。昨年末、長い間隠し続けてきた身元を明らかにするとともに、がんを患っていることを公表し、今年1月、死去した。スチュワートさんが手渡した現金の額は計130万ドル(約1億5000万円)に達したという。



 地元紙カンザスシティー・スターによると、臨終の際に友人の1人がスチュワートさんに、秘密のサンタ役を引き継ぐと約束。その誓い通り、このほど新しい秘密のサンタとしてカンザスシティーの街角に立ち、恵まれない人々に現金を手渡した。



 同紙によると、スチュワートさんが秘密のサンタになろうと思い立ったのは、職を失い、車の中で寝泊まりしていた若いころにさかのぼる。



 自暴自棄になっていたスチュワートさんは、あるレストランでたっぷりと朝食をとった上で、「財布をなくした」とごまかそうとした。すると、そのレストランの経営者が「あなたが落としたお金に違いない」と、20ドル札を差し出したという。スチュワートさんはその後、ケーブルテレビ事業で成功。レストランでの経験を忘れず、お金を配り続けた。



 新しい秘密のサンタの身元は明らかにされていないが、スチュワートさんと約束を交わした友人以外にも、趣旨に賛同した複数の篤志家がサンタ役を買って出ているもようだ。さらに、「米国のあらゆる街にサンタが訪れるように」と願ったスチュワートさんの遺志に基づき、今年はカリフォルニア州サンディエゴやアリゾナ州フェニックスにも秘密のサンタが登場するなど、善意は全米に広がりつつある。
[PR]
by sakura4987 | 2007-12-29 15:57

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987