★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆民主党がまとめた「169回通常国会の論戦ポイント」



     (国を憂い、われとわが身を甘やかすの記 08/1/24)

 http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/460632/


 ■人権擁護法案(焦点法案)

  ・政府は、2002年に提出され2003年に廃案となった政府案の再提出を検討しているが、与党内に反対意見があり、その後再提出していない。民主党は、人権委員会のあり方について、国連人権小委員会の提案する原則(パリ原則)に則った独立性を確保すること、報道機関を特別救済手続の対象から除くこと等を盛り込んだ民主党案を2005年に提出した(解散により廃案)。党部落解放推進委員会などと意思疎通を図りつつ対応を検討中。

 ■民法の一部を改正する法律案(選択的夫婦別氏等法案)

  ・婚姻制度に関し選択的夫婦別氏制の導入、婚姻最低年齢及び再婚禁止期間の見直し等を行い、相続制度に関し、摘出(※ママ、嫡出の間違いか)でない子の相続分を摘出である子の相続分と同一とする等の措置を定める。

  ・累次に渡り提出してきた法案であり、参議院で再提出、審議入りも検討課題。

  ・自民党内では慎重論も多く、家族観について意見が分かれている。

 ■教員数拡充法案

  ・行革推進法で定める教職員数の削減、及び人材確保法の見直し規定等を削除し、少人数学級編成の推進、教職員数の拡充を図るもの。

  ・政府は、08年度予算で「行革推進法を改正しない範囲内での措置」として、教職員数1195人増を決定し、閣法の提出も予定しているが、不十分で、数合わせ・場当たり感は否めない。民主党は、教育現場からの要望に応え、子どもと向き合う時間を増やすべきとの考えから、昨年11月に、衆議院へ法案を提出した。
[PR]
by sakura4987 | 2008-01-31 08:30

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987