★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆温暖化歯止め「世界GDP伸び0.1%抑制を」・OECD報告書



 (日経 2008/3/6)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080306AT2M0600K06032008.html


 経済協力開発機構(OECD)は5日、地球環境の変化への対応策を盛り込んだ報告書「環境アウトルック」を発表した。世界全体の国内総生産(GDP)伸び率を毎年0.1%分抑えれば、海面上昇など温暖化の悪影響を食い止められると試算。環境対策は早く始めるほどコストは安く上がるとして中国、インドなど新興国と連携した取り組みを急ぐよう先進国に提案した。

 試算は世界のGDPが年率2.8%で伸びるとの予測を前提に、必要な政策やコストをはじいた。GDPの伸びを2.7%程度に抑えて新たな環境対策に資金を充てれば、温暖化ガスの排出を2050年までに00年比で39%減らせるうえ、国連の専門家らが目安とする大気中の温暖化ガス濃度(二酸化炭素換算で450PPM、PPMは100万分の1)を達成できるとした。現在の濃度は約380PPM。

 逆に、新たな対策がなければ温暖化ガスの排出が50年までに5割以上増えると警告。炭素税の導入や排出権取引の拡大、運輸や建設部門での環境規制強化などを急ぐよう提案した。
[PR]
by sakura4987 | 2008-03-12 15:51

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987