★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆GDP予測:人口減で百年後は3分の1以下に…日本経調協



 (毎日 2008/3/14)

 http://mainichi.jp/select/biz/news/20080314k0000m020058000c.html


 財界系シンクタンクの日本経済調査協議会(長坂健二郎理事長)は13日、人口が減少して労働生産性の上昇がなければ、100年後の実質国内総生産(GDP)は現在の3分の1以下に激減するとの予測をまとめた。

 国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、日本の人口は05年の1億2777万人から2100年には4771万人に減少する。この推計人口をもとに試算した実質GDPは、生産性の上昇率が年2%の場合、05年に548兆円だった実質GDPは50年には780兆円、2100年には1027兆円と順調に拡大する。しかし、上昇率が0%と仮定した場合は2100年には157兆円と05年水準の3分の1以下に減少する。

 上昇率2%はバブル崩壊後の「失われた10年」といわれた90年代の実績をベースにした控えめな値。日本経済調査協議会は「人口の減少と国際競争率の高まりを考えると、長期的に2%の上昇率でも維持できるか疑問。これまで以上の規制撤廃、行財政改革が必要だ」と提言している。
[PR]
by sakura4987 | 2008-03-18 13:06

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987