★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆第80回センバツ高校野球 「お帰り」は永遠に


 (毎日 2008/3/27)

 http://mainichi.jp/senbatsu/news/20080327ddn035050055000c.html


 ◇敗者の心に届く声援

 「帰って来いよ」。確かにそう聞こえたという。23日の2回戦、自らの失策で履正社(大阪)にサヨナラ負けした下関商(山口)の中堅手・竹野内。涙に暮れ、友に支えられベンチに引き揚げる時だった。

 2年前のセンバツで同じ声を聞いた人がいる。清峰(長崎)の吉田洸二監督。準優勝したが、決勝で横浜に0-21で敗れた。「試合後は顔も上げられなかった。でもスタンドから聞こえたんだよ。戻ってこい、って」

 試合を終えた選手や監督に話を聞くと、甲子園のスタンドには、さまざまな感情が渦巻いていることに気付く。それらが一つになった時、ゲームの流れを左右することさえある。それは時に選手を鼓舞し、時に選手を苦しめる。

 しかし、吉田監督はこんなことも言っていた。「生徒にも話したよ。甲子園に帰るから落ち込んでる暇ないぞって。だからその夏も踏ん張って甲子園に出られた。そしたらスタンドから『お帰り』って……」

 竹野内はまだ完全に立ち直れていないという。「でもあの声が耳から消えません」。甲子園のスタンドは苦しみや挫折を味わった人を、決して忘れない。君の帰りを待っている。
[PR]
by sakura4987 | 2008-04-09 13:26

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987