★★★ 日本再生ネットワーク 厳選ニュース ★★★

sakura4987.exblog.jp
ブログトップ

◆朝鮮人特攻隊員の心 (産経 2008/6/3)





【から(韓)くに便り】ソウル支局長・黒田勝弘 

 http://sankei.jp.msn.com/world/korea/080603/kor0806030251000-n1.htm


 太平洋戦争の末期、日本軍の特攻隊員として戦死した朝鮮(韓国)人青年を慰霊する慰霊碑建立が、韓国側の反対でまた流れた。知韓派女優の黒田福美さんが、地元市長ら韓国人の協力を得て「帰郷祈念碑」として進めてきたものだが、除幕式の直前、一部の地元住民や民族団体などが現場でピケを張るなど実力で反対したため急遽(きゅうきょ)、中止となった(5月11日付、本紙社会面)。

 反対派の主張は「特攻隊員は日本の戦争に協力した親日派だから」という。「親日派」とは韓国では民族的裏切り者の意味で、今でもきわめて強い非難語として使われている。

 朝鮮人特攻隊員の慰霊碑計画は過去にもあった。1980年代に九州在住の日本人の手で石碑は完成したが、韓国側の反対で実現しなかった。

 飛行機ごと米軍の艦船に体当たり攻撃する「カミカゼ特攻隊」は「壮烈な悲劇」として内外に広く知られている。その隊員には当時、日本の統治下にあった朝鮮半島出身者もいた。正確な数字は明らかでないが、少なくとも14人の名前が分かっている(名越二荒之助編著『日韓2000年の真実』から)。

 今回を含めこれまで慰霊碑の対象になったのは「光山文博小尉(韓国名・卓庚鉉)」だが、彼は出撃前夜、鹿児島県知覧で“特攻隊員の母”と慕われた食堂の主人、鳥浜トメさんを前に民謡「アリラン」を歌ったことで知られる。日本人の心を揺さぶる、朝鮮人特攻隊員のシンボル的な存在になってきた。

 彼らは当時、相当の覚悟と苦悩が伴ったはずの特攻隊になぜはせ参じたのだろう。このナゾ(?)に迫ろうとしたのが作家・飯尾憲士氏の著書『開聞岳-爆音とアリランの歌が消えてゆく』(集英社、1985年刊)である。

 故飯尾氏は父が韓国人で戦前、航空士官学校に在校した旧軍人出身。自分の出自を素材にした小説『ソウルの位牌(いはい)』などの作品で知られるが、韓国・朝鮮に対しては日本人としての強い贖罪(しょくざい)感がうかがわれる。

 『開聞岳』は特攻出撃の前に士官学校同期生の日本人に「自分は天皇陛下の御ために死ぬのではない…」と語ったという、高山昇中尉(韓国名・崔貞根)の心を探るドキュメンタリーになっている。

 作品では高山昇中尉の心の“真相”は不明に終わっているのだが、他の朝鮮人特攻隊員の遺族などの証言から「俺(おれ)は朝鮮人の肝っ玉を見せてやる」「自分は朝鮮を代表している。逃げたりしたら祖国が笑われる。多くの同胞が一層、屈辱に耐えなければならなくなる」「日本人の誰もができない任務をやってのけてみせる。朝鮮人の誇りのために」など、彼らの心の一端が明らかにされている。

 『日韓2000年の真実』の編著者、故名越二荒之助氏も「朝鮮人が特攻隊を志願したのは、朝鮮人の心意気を示すことで同胞の社会的地位を高めたいという悲願があったのではないでしょうか。彼らの胸中にはいつも祖国朝鮮を代表しているという誇りと気概があり、日本人には負けないという自負心がありました」と書いている。

 慰霊碑計画に遺族は同意し感謝してきた。それでもまだ反対派が登場し、実力を使ってでも許さないという。歴史観というより人間観が違っているように思える。
[PR]
by sakura4987 | 2008-06-03 15:42

毎日の様々なニュースの中から「これは!」というものを保存していきます。


by sakura4987